ドラマ ど根性ガエルのよし子先生役『白羽ゆり』が魅せた妖艶なくびれ

 

スポンサードリンク

 

ドラマ ど根性ガエルのよし子先生役『白羽ゆり』が魅せた妖艶なくびれ

土曜の21:00から日本テレビ系列で放送中のドラマ『ど根性ガエル』

そんなど根性ガエルの中でも、ひときわ異彩な色気を放っているのが、よしこ先生役を演じる白羽ゆりさんです。

元宝塚で鍛えた高い演技力と30歳を超えた大人の魅力で、ドラマの盛り上げ役としてだけではなく、その美しいビジュアルにも多くの話題が集まっているようです。

そこで今回は、そんな白羽ゆりさんにスポットを当て、宝塚時代のエピソードや過去に妖艶なくびれを惜しげも無く披露したグラビア画像もご紹介したいと思います。

白羽ゆりさんのプロフィール

白羽ゆり

出典:http://bimajin.jp/

白羽 ゆり(しらはね ゆり)
本名:となみ ゆか
1978年12月28日生まれ
福島県福島市出身
A型
身長:162cm
主な活動:
女優・元元宝塚歌劇団トップ娘役

高校卒業後に宝塚音楽学校に入学、2年後には宝塚歌劇団に入団します。

余談ではありますが、同期には絵がとてつもなく下手なことで有名な、はいだしょうこさんがいました。

そんな宝塚では、2000年のベルリン公演で選抜メンバーにも選ばれ、ヒロインという大役を演じるまでに。

その後、2004年には阪急交通社トラピックスのイメージキャラクターに就任し、宝塚を知らない一般の人たちにも、その名を知られるようになります。

2005年には宝塚の人気舞台であり、白羽さん自身も兼ねてより出演を切望していた『ベルサイユのばら』に出演。大役であるマリー・アントワネット役を務め、見事にその大役を演じ切りました。

こうして、数々の輝かしい結果を残しつつも2009年には宝塚歌劇団を退団し、女優としての新たなスタートを切ります。

2010年には、有名人を多く輩出する芸能事務所『ホリプロ』に所属し、多くのCMなどに出演、10月には映画『大奥』への初出演を果たし、その存在感と高い演技力を披露しました。

地元福島を愛する 白羽ゆりさん

福島県の海岸

白羽ゆりさんは、地元である福島県をこよなく愛することで知られ、2009年には『あったかふくしま観光交流大使』にも任命されました。

また、白羽さんのオフィシャルブログでも、度たび福島でのPR活動が報告されており、2015年の3月11日に行われた『東日本大震災 追悼祈念式典』の際には、代表として朗読を行ったことが話題となりました。

妖艶なくびれを披露したグラビア

かつてテレビ番組に出演した際「宝塚時代のウエストは51cmだった」と公言したことで知られる白羽ゆりさんですが、実は過去にグラビアにも挑戦しており、大人の色気と自慢のウエストを惜しげも無く披露していたのです。

スポンサードリンク


また、グアムで撮影されたという本グラビアはほぼ下着姿で写っており、元宝塚であるとは思えない大胆さが、当時のファンを驚かせ、多くの喜びの声も集まっていたようです。

【白羽ゆりさんのグラビア画像はこちら】(ポップアップで表示されます)

・白羽ゆりのグラビア画像

・白羽ゆりのグラビア画像2

・白羽ゆりのグラビア画像3

出典:http://laughy.jp/

まとめ

今回は、現在の人気ドラマ『ど根性ガエル』でよしこ先生役を務める、白羽ゆりさんのエピソードをご紹介しました。

原作では、国語教師でありながら美人でスタイルも良く、生徒からも高い人気を誇るよしこ先生というキャラクターが、白羽ゆりさんにピッタリだという声も多く聞かれ、これからのドラマの展開にも期待する声が高まっています。

また、ロングヘアーがトレードマークであった白羽ゆりさんは、このドラマの役のために髪をバッサリと切っており「ショートカットも似合っている」といった昔からのファンの声も多いようです。

今後の展開では、梅さん(役・光石研さん)とどうなってしまうのか?原作にある、こちらの展開にも要注目です。

スポンサードリンク


最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ