小室哲哉のパチンコ台のリーチアクションを勝手に考えてみた

 

スポンサードリンク

 

ついに、あの小室哲哉さんがパチンコ業界に参入するようです。

今回の小室哲哉さんのパチンコ台は、GAROなどで知られる『サンセイR&D』から来年2月に発売されるようで、小室さんの公式ツイッターでは「みんな、楽しんでね」とのコメントも。

そこで今回は、かつては熱狂的なパチンコファンであった筆者が、勝手に小室哲哉さんのパチンコ台のリーチアクションを考えてみました。

パチンコファンの方に楽しんで頂ければ幸いです。

小室哲哉さんのプロフィール

小室哲哉さんの画像

出典:http://matome.naver.jp/

小室 哲哉(こむろ てつや)
本名:同じ
生年月日:1958年11月27日生まれ
出身地:東京都府中市
血液型:0型
身長:167cm
体重:57kg
職業:音楽プロデューサー
好きな食べ物:ファミレスにあるようなもの
嫌いな食べ物:魚

小室さんの音楽的才能は、すでに高校生の頃から開花しており、クラスメイトの半数以上から宿題の作曲を肩代わりさせられていたのにもかかわらず、担任の先生は小室さんが卒業するまで、その事実に気が付かなかったといいます。

現在でも伝説として語り継がれる小室さんのデジタルバンド『TM NETWORK(TMネットワーク)』は、1984年にボーカルの宇都宮隆さん、リズムギターの木根尚登さんの3人で結成されました。

当時としては新しい、シンセサイザーを使った『デジタル音源』をフルに取り入れた楽曲は、一部のコアな音楽ファンからの支持を集めます。

1987年には、テレビアニメ『シティーハンター』のエンディングテーマとして発表された『Get Wild(ゲット ワイルド)』が大ヒットし、広くその名を知られるようになりました。

その後もTMネットワークは数々のヒット曲を伸ばし、シングル・アルバム売り上げ総数は1600万枚を突破するなど、今でも根強いファンの存在するバンドとして語り継がれています。

そんなTMネットワークは、1994年に『プロジェクト終了』の名目で、惜しまれつつも解散。

しかし1999年には再び活動を再開させ、多くのファンを喜ばせました。

TMネットワーク時代の小室さんは、当時の人気アーティストであった渡辺美里さんや松田聖子さん、小泉今日子さんらへの楽曲提供も行っており、作曲家としての一面も持ち合わせていました。

小室ファミリー時代の到来

小室ファミリー時代の画像

出典:http://www.jpop-song.com/

そんな小室さんの作曲センスが存分に発揮されたのが、のちに『小室ファミリー』と呼ばれるようになる、安室奈美恵さんや華原朋美さんといったアーティストたちのプロデュースでした。

この新しくはじめた小室さんのプロデュース業は、前代未聞のミリオンセラーやヒット曲を立て続けに飛ばし、いつしか『小室系』といわれる音楽ジャンルを確立するなどの社会現象を巻き起こします。

しかし1999年ごろになると『宇多田ヒカルさん』や『Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)』といった新しいJ-POPを展開するのアーティストの時代が到来し、小室系サウンドは徐々に廃っていきました。

プロデュース業で莫大な富を築いたものの、ブームの去ってしまった後の小室さんは『スピード離婚』や『7億円の慰謝料滞納』『70億円の株式評価損』といったスキャンダルばかりが取りざたされるようになってしまいます。

その後、2008年にはついに「他社の楽曲の著作権譲渡話」を持ちかけて、個人投資家から5億円をだまし取った疑いで逮捕され、かつてのファンたちからは小室さんの転落人生ぶりを憐れむ多くの声が聞かれました。

また、2010年から改めて音楽活動を再開させた小室さんは、AAAの楽曲プロデュースを足がかりに、SMAP、北乃きいさん、浜崎あゆみさんといったアーティストへ楽曲を提供し、度々話題となっています。

スポンサードリンク


小室哲哉さんのパチンコとは?

小室哲哉さんのパチンコ台の画像

出典:http://pachinkolist.com/

そんな小室哲哉さんは、2015年12月に自身の楽曲が多数収録されたパチンコ台をリリースすることが発表され話題となっています。

以前から『CR小室哲哉』の登場が噂されていたものの、今回は小室さん自らがツイッターで公開したことで話題となり、一部からは「本当に出るんだ」といった声も聞かれます。

今回発表された小室さんの楽曲を集めたパチンコ台は「CR・PROJECT-TK」というタイトルで、TM NETWORKから6曲、TRFから5曲、globeから6曲、鈴木あみさんから1曲、そしてAAAからの5曲の計23曲が収録されている模様です。

小室哲哉さんのパチンコ台のリーチアクションを勝手に考えてみた

ここで終わってしまうと、この記事がただの小室さんの歴史とパチンコ台の宣伝だけになってしまうので、最後はちょっと遊んで「小室哲哉さんのパチンコ台に搭載されていたら面白いのにな」と思うリーチアクションを、かつては熱狂的なパチンコファンであった筆者が考察してみました。

完全なおふざけではありますが、パチンコファンの方に楽しんでいただけたら幸いです。

カットインのマークパンサーが『パークマンサー』だったら大当り確定

小室哲哉さんのパチンコ台の画像2

globeリーチで流れる楽曲が、最高潮に盛り上がったところで画面に現れる『PUSH』の文字。

ここでボタンを押すことでカットインが入るマークパンサーの背景は『青 → 黄 → 赤』の順で信頼度が高いが、このときパークマンサーが登場すれば大当たり確定。

また、どの図柄のリーチであっても『PREMIUM LIVE RUSH』の突入が確定するプレミアム演出。

globeリーチ中に、荒んでいたころの華原朋美が浮かび上がれば大当り確定

小室哲哉さんのパチンコ台の画像2

globeリーチ中、小室さんにフラれて荒んでいたころの華原朋美さんがぼんやりと浮かび上がれば大当たり確定。

ただし、当時の華原朋美の事情を知らない人にとっては、ただの心霊現象。

スポンサードリンク


TM NETWORKリーチ選択画面の木根尚登が、コブクロの黒田俊介になっていたら激アツ

小室哲哉さんのパチンコ台の画像3

TM NETWORKリーチ選択画面で、一番右端の木根尚登さんが、コブクロの黒田俊介さんになっていたら激アツ。

一見するとプレミア演出にも見えるが、黒田さんは小室ファミリーではないため激アツ演出に止まる。

それでも信頼度は80%以上。もし当たらなくても、決してお店の人に文句を言わないように。

小室哲哉さんののパチンコ台

今回は、小室哲哉さんのパチンコ台が発売されるという話題から、小室さんの歴史やお遊び記事を紹介させていただきました。

ちなみに「CR・PROJECT-TK」は一種二種混合スペックで、販売台数は全国で約10000台。ホール導入時期は、2016年の2月8日からとなっているようです。

筆者は、もうパチンコをやめてしまっているので、新台入替のお店に並ぶことはありませんが、ゲームセンターに導入されたら、一度は打ってみたいなと思っています。

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ