ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の皮肉が面白い【比較画像あり】

 

スポンサードリンク

 

ミスチルの楽曲「抱きしめたい」の歌詞を丸パクリしていたとして、ネット上では作詞家の沢久美さんに多くの批判が集まっています。

しかし中には、単にミスチルの歌詞を丸パクリしたことに対する批判だけではなく、ちょっと面白い皮肉を込めたコメントも多数あがっていました。

そこで今回は、そんなミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の『ちょっと面白い皮肉コメント』を集めてみました。

ミスチルの歌詞をパクった作詞家・沢久美さんのプロフィール

沢久美さんの画像

出典:http://matome.naver.jp

沢 久美(さわ くみ)
本名:青木良子(あおき りょうこ)
生年月日:1945年3月24日生まれ
出身地:東京都
スリーサイズ:非公開
職業:作詞家
特記:イベント会社『塩沢企画』代表

高校卒業後、劇団東芸に入団した沢さんは、22歳のときに歌手デビューを果たします。

しかしこれといったヒット曲も出ないまま、徐々に活動を『作詞家』や『歌の指導』といった裏方業に転向。

ここで得た資本を元に、1993年には『塩沢企画』を設立し、自らは作詞活動を続けながらも、イベントやディナーショーを手がける会社の代表に就任しました。

私は絶対パクってない(断言)

沢久美さんのパクリ騒動の画像

出典:http://gahalog.2chblog.jp/

フジテレビの報道番組・Mr.サンデーによれば、沢さんが歌詞を手がけた平浩二さんの楽曲『ぬくもり』は、1992年に発売されたMr.Childrenのセカンドシングル『抱きしめたい』の歌詞と『Aメロが95%一致していた』と指摘されています。

また『ぬくもり』の販売元である徳間ジャパンコミュニケーションズは、歌詞が酷似していた事実をすぐに認め、CDの出荷を停止。

さらには同商品の回収と購入者への返金といった対応が取られました。

しかし、盗作した本人の沢久美さんは「”ミスチル”も”抱きしめたい”も知らない。私は絶対パクってない」と断言。

ぬくもりの歌詞の比較画像

出典:http://gahalog.2chblog.jp/

これを受け、ネット上では多数の批判コメントが寄せられる騒ぎとなりました。

沢久美さんに寄せられた面白い皮肉コメント

今回の『ミスチルの歌詞パクリ騒動』は、そのパクリ方があまりにもお粗末であったためか、どちらかというと本気で怒っているというよりは、面白ネタのひとつとして捉えられている傾向にあるようです。

そのため沢さんに寄せられる批判コメントも、どこか皮肉めいた面白いものが多く、一部では大喜利の様相も呈しています。

そこで、そんな沢さんへの面白批判コメントや皮肉のこもったコメントをいくつか集めてみました。

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
もうボケてるんちゃう

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
前世が桜井だったからその時の記憶で書いてしまったんやろ

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
ミスチルパクってバレんと思うその思考回路自体がもう痴呆やろ

スポンサードリンク


ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
某パクリのせいでミスチルの「抱きしめたい」が聴きたくてしゃーないのにCDが見つからない

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
きっと、孫娘がノートに書いた「抱きしめたい」の歌詞をたまたま見て「あら、いいじゃない」って使ったんだよ。だから「ミスチルなんて知らない、盗作してない。」

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
パクリというかあれは完璧にミスチルの「抱きしめたい」です(笑)

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
弟子に書かせる→いつも手柄を持ってかれる弟子ブチ切れ→あえてパクった歌詞渡す→ぬくもり完成!←( ゚д゚)ハッ

スポンサードリンク


ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
ジリ貧の演歌界が決死の覚悟で起こした炎上マーケティング

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
サビだけちょっと変えてる所が逆にイラっとくる

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
桜井「次は『ぬくもり』歌いまーす」

ミスチル歌詞丸パクリ騒動に対するネット上の意見
ジャケットデザイン 佐野研二郎

「ぬくもり」がヤフオクで大人気

平浩二さんの『ぬくもり』がヤフオクで大人気の画像

出典:http://auctions.yahoo.co.jp

そんな歌詞パクリ騒動で作詞家への批判が集まる中、ヤフオクでは自主回収されることになった平浩二さんの『ぬくもり』が大人気となっています。

しかも検索用のためか、商品名には『ミスチル』や『Mr.Children』の文字まで。

また入札件数も、数件から10件を超えているものまであり、さながら人気アーティストの絶版CDオークションのようです。

もしこの様子を平浩二さんが見てしまったと考えると、ちょっと複雑な気持ちになりますね。

最大の被害者は平浩二さん

平浩二さんの画像

出典:http://auctions.yahoo.co.jp

実は今回の騒動の的になっている楽曲『ぬくもり』は、平浩二さんの発売したCDのカップリング曲で、メインとなっている『愛・佐世保』は、平さんが初めて作詞作曲を担当し、自らのふるさと佐世保を想って作りあげた曲でした。

これほどまでに思い入れのある楽曲が、カップリングの詞が盗作であったという理由で自主回収される騒ぎとなっていることに、一部の人たちからは「一番の被害者は平浩二さんだよね」という声も上がっていました。

また販売元から『CDの回収』という事態を知らされたとき、平さんは足元から崩れ落ちたといいます。

パクった歌詞がミスチルという有名アーティストであったために、世間から注目を集める事態となってしまった今回の騒動は、一体どのように終息を迎えるのでしょうか?

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ