ショーンKの学歴・経歴詐称は『前から視聴者には見抜かれていた』?

 

スポンサードリンク

 

週刊文春の報道により、学歴や経歴を詐称していたとして芸能活動の自粛に追い込まれたショーンKさん。

しかしショーンKさんの学歴や経歴は、以前から「怪しい」と指摘されており、一部の視聴者はすでに嘘であることを見抜いていたようです。

そこで今回は、そんなショーンKさんの学歴・経歴詐称に対するネット上の声をまとめてみました。

ショーンKさんのプロフィール

ショーンKさんの画像

出典:http://toyokeizai.net/

ショーン K(ショーン けい)
本名:ショーン・マクアードル川上
本名:川上 伸一郎(かわかみ しんいちろう)
生年月日:1968年3月21日
出身地:アメリカ ニューヨーク市
出身地:熊本県
学歴:テンプル大学ハーバード大学パリの大学
学歴:日本の高卒
職業:経営コンサルタント
職業:不明
特記:アイルランド系アメリカ人と日本人のハーフ
特記:純日本人
事務所:サンディ所属

ショーンK「幼少時代は新聞配達のアルバイトで家計を支える」

ショーンKさんの画像

出典:http://ameblo.jp/

公式サイトでのプロフィールでは、アメリカのテンプル大学卒やハーバード大学出身といった学歴から、世界の7カ所の会社を経営する敏腕コンサルタントなど、様々な大嘘が週刊文春によって暴かれたショーンKさん。

しかし、ショーンKさんの「自分を大きく見せるための嘘」はこれだけではなかったようです。

それは2009年にショーンKさんが『魔女たちの22時』という番組に出演したときのこと。

本番組では、3畳1間の貧乏生活から年商30億円を稼ぐようになった“成り上がり社長”として紹介されたショーンKさんは『両親に多額の借金があることを知り、高校へ行くために新聞配達のアルバイトをしていた』と語っていました。

その後、なんとか高校へは通えたものの、まだまだ家庭が貧しかったために大学への進学は諦め、高校卒業後にはすぐに就職したといいます。

【関連記事】

【しくじり先生】神回になりそうな出演者TOP20【ベッキー・能年玲奈・矢口真里】

あまりのスケールの大きな『嘘』が仇に

ショーンKさんの画像

出典:http://netgeek.biz/

ここまではもしかすると本当の話だったのかもしれませんが、この後に続く『サクセスストーリー』が、現在では『嘘』であったことが発覚し、その嘘のスケールがあまりに大きかったことから「大嘘すぎるだろ」として世間を賑わせています。

当時「みんなを見返したい」という思いが強かったというショーンKさんは、今まで貯めてきた200万円を元手に渡米し、アメリカの大学を受験(これが後に嘘だと判明した、テンプル大学のことだと思われます)

大学卒業後は、数年間経営コンサルタントの会社に勤めたのちに、自身の会社を立ち上げ独立の道を選んだそうです。

こうしてショーンKさんが立ち上げた会社は、いつしか年商30億円を稼ぎ出す大企業となり、一泊5万円の高級ホテルで暮らしながら、近くのオフィスを借りて仕事をこなす毎日という『架空の話』が語られました。

その後、経営コンサルタントを行うショーンKさんの会社は、世界6カ国7都市にオフィスを構えるまでに展開。(なお、この会社の共同経営者と紹介されていた海外のコンサルタントも架空の人物と判明)

まさに世界を股にかける『大嘘』を、臆することなく堂々とテレビで紹介していたというわけです。

これにはネット上でも「ある意味すごい」「ここまで嘘をつき通せる根性だけは賞賛に値する」といったコメントも寄せられていました。

彫りの深い顔 → 実は整形だった

ショーンKさんの画像

出典:http://www.akb48matomemory.com/

名前も嘘、出身地も嘘、学歴も嘘…もはやどこまでが本当のことなのかわからなくなってしまったショーンKさんには、さらにもう一つの「偽り」があるといわれています。

公式サイトでは『アイルランド系アメリカ人と日本人のハーフ』と書かれていたショーンKさんは、実は純粋な日本人。

そのため、あの日本人離れした濃い顔立ちも「実は整形によって作られたものなのでは?」といった疑惑が浮上してきています。

ネット上では、ショーンKさんの高校生時代から現在までの写真を並べた画像(上記)も出回っており、未だショーンKさん本人から整形を認める旨の発言はないものの、世間では「ほぼ黒で間違いない」と見られているようです。

スポンサードリンク


昔のあだ名は「ホラッチョ川上」

ショーンKさんの画像

出典:http://bikuchan.com

ここまでくると、もはや何かの病気なのではないかと思えてくるほどの『虚言癖』があるショーンKさん。

どうやらこの「嘘をつく癖」は今に始まったことではないようで、高校時代には「ホラッチョ川上」と呼ばれていたようです。

ちなみに“ホラッチョ”とは、熊本県の方言で「ほら吹き」や「嘘つき」という意味(諸説あります)

またこの『ホラッチョ』という響きがあまりにキャッチーであったためか、ネット上でのショーンKさんは、すでに「ホラッチョ」という愛称で親しまれるようになってきており、もはや威厳も尊厳も無くなってしまった模様です。

すでに視聴者には見抜かれていた?

こうして数々の嘘で世間を欺き続けてきたショーンKさんですが、週刊文春が経歴詐称を暴露する以前から、一部の視聴者はショーンKさんの経歴や学歴に対して疑念を抱いていたようです。

ショーンKさんの学歴・経歴詐称に対するネット上のコメント
前からこの人、経歴の割にコメントは大したことないなとは思ってた

ショーンKさんの学歴・経歴詐称に対するネット上のコメント
本能的に「信じちゃダメ」感すごくて、我が家ではショーンK嫌いは有名であったが、ついに暴かれる日が来たのか…

ショーンKさんの学歴・経歴詐称に対するネット上のコメント
いまさら言っても後出しジャンケンみたいになるけど、俺は10年以上前からショーンKに目をつけてて、当時の上司に「こいつの経歴凄すぎませんか?」って話したりしてたんだ

ショーンKさんの学歴・経歴詐称に対するネット上のコメント
なにもかもカッコよすぎるショーンKさん、ずっと前から怪しいと思ってましたよ

ショーンKさんの学歴・経歴詐称に対するネット上のコメント
ショーンKって前からエリート詐欺師感がすごかったよな。

ショーンKさんの学歴・経歴詐称に対するネット上のコメント
前から発言の中身が薄っぺらいと思ってた

こうしたコメントには「後出しじゃんけんだろ」「今になって叩くのはフェアじゃない」といった声が上がるも、ほとんどの人がショーンKさんに対して、かなり以前から「胡散臭い」とは思っていたようです。

ショーンKの学歴・経歴詐称「すでに視聴者には見抜かれていた」 まとめ

ショーンKさんの画像

出典:http://news.mynavi.jp/

今回は、週刊文春が学歴や経歴の詐称を暴露したことによって、芸能活動の自粛に追い込まれたショーンKさんについてまとめてみました。

また週刊文春は、かなり以前からショーンKさんの経歴詐称の情報を掴み、裏取りを進めていたそうです。

そして、今年4月にショーンKさんの出演が決まっていたフジテレビ『ユアタイム』の放送直前になってこの情報暴露するという、あまりに見事なタイミングでの文春砲には、世間からも「文春さん怖すぎる」といった声も上がっていました。

とはいえ、もう芸能界復帰は不可能というところまで追い込まれたショーンKさんは、今後どうやって生計を立てていくつもりなのでしょうか?

まだまだこの先も世間からの注目を集めそうです。

スポンサードリンク


【関連記事】

ショーンKの謝罪ラジオに、ネット上では多くの「許す」の声【音声と全文あり】

【ショーンKの学歴詐称騒動】2chでは称賛する意見も?

加藤紗里「年齢詐称も?」売名に利用した『大ウソ』まとめ

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ