加藤紗里「年齢詐称も?」売名に利用した『大ウソ』まとめ

 

スポンサードリンク

 

狩野英孝さんの本命彼女として登場し、一躍有名になったモデルの加藤紗里さん。

しかしその後、発言のほとんどが『大ウソ』であったことが発覚し、世間からは非難の声が集中しています。

そこで今回は「年齢」や「プレゼント」など、加藤紗里さんがついた大ウソをまとめてみました。

加藤紗里さんのプロフィール

加藤紗里さんの画像

出典:http://king06.com/

加藤 紗里(かとう さり)
愛称:さりちゃん、カトサリ
生年月日:1990年6月19日
出身地:広島県
身長:163cm
体重:非公開(40kg以下ではないかといわれている)
スリーサイズ:B88 W56 H81
カップサイズ:Gカップ
職業:モデル・タレント
事務所:01familia所属

川本真琴は「ストーカー」

加藤紗里さんの画像

出典:http://www.cinra.net・https://twitter.com/

まず加藤紗里さんが最初についた嘘は「英孝から、川本真琴さんは半年前からストーカー状態と聞いています」という大ウソでした。

事の発端は、川本真琴さんが自身のツイッターに投稿した「彼氏取らないで」発言から。

このツイートがメディアに取り上げられて話題になると、事務所公認の現彼女であるという加藤さんが登場。

わざわざ狩野英孝さんとのツーショット写真を自身のツイッターやインスタグラムで公開したうえ「狩野英孝さんが、川本さんのストーカー行為に悩んでいる」という旨のウソ話を広めたのです。

これが川本真琴さんにかねてから「地雷女の噂」があったことが災いし、さらには狩野さん自身も加藤さんが現彼女であることを認めたことで、多くの人が加藤さんの告発を信じてしまいました。

しかし、今月14日に放送された『上沼・高田のクギズケ!』に出演した狩野英孝さんは、これまでに加藤さんが語った『事務所などにも頻繁に連絡してくるといった川本真琴さんのストーカー行為』に対して「そんな事は一度もなかった」と証言したのです。

また一人のアーティストとして川本真琴さんの大ファンでもあるという狩野さんは、加藤さんの嘘によって川本さんに迷惑をかけていることを、非常に気に病んでいると明かしたのでした。

狩野英孝さんに強制帰国させられ、20万円を手渡された

加藤紗里さんの画像

出典:https://www.youtube.com

川本真琴さんとの三角関係が話題となった際、タイで撮影の仕事をしていたという加藤さんは、狩野英孝さんに強制帰国させられ、そのための費用として20万円を手渡されたという驚きのエピソードを語りましたが、これも加藤紗里さんの作り上げた『ウソ』だったことが明らかとなっています。

狩野さんの証言によると「その日は自分も仕事で会える状況じゃないのに、わざわざ帰国なんてさせない」とのこと。

さらには『帰国の際にかかった費用として、狩野さんが20万円を渡したこと』についても否定しており、さらには「実は加藤さんが勝手に買ってきたお土産の代金として10万円を請求されていただけだった」という疑惑まで浮上してきています。

しかし当初よりこのエピソードを疑問視する声は多く、よゐこの有野晋哉さんも自身のラジオ番組で「タイから帰国?撮影って途中でやめて帰ってこれるもんなの?」と疑問を呈していたのでした。

狩野英孝さんから貰ったネックレス

加藤紗里さんのネックレスの画像

出典:https://www.instagram.com/

こちらは狩野英孝さんと加藤紗里さんの交際が最初に話題となっていたころに、加藤さんが自身のインスタグラム上で公開した写真です。

またこの写真には「愛してます」「Xmasプレゼント」「ラブリング」といった『恋人からのプレゼント』を連想させるタグが添えられており、メディアでも「狩野英孝さんからのプレゼント」として大きな注目を集めました。

ところが後に、このネックレスは「元彼から貰ったもの」だったことが発覚。

狩野さんと2人で出演したロンドンハーツでは、この嘘について問われた加藤さんは悪びれる様子もなく「マスコミが勝手にそう報道したからまいっかと思って」と言い放ったのです。

最初こそ2人の交際を祝福するコメントも寄せられていましたが『大ウソ』発覚後は・・

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
元カレからのプレゼントを平気で載せる気が知れない。狩野と別れて元カレと戻ったら?

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
元カレどうのじゃなくて明らかに狩野英孝から貰ったかのように世間にミスリードさせる為の投稿でしょ。

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
可哀想な人…そーでもしないと注目される術がないのね

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
てか元彼だったとして、狩野っていう彼氏がいながら「元彼」にもらっと言い張るネックレスの投稿のタグに#愛していますはおかしいでしょ。

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
残念。いい人なんやって思ってたのにこの投稿・・彼がいるのにデリカシーないですね・・

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
狩野さんがいるのによく元カレからもらったネックレスつけられますね!!

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
頭が悪いところに嘘に嘘を重ねるから辻褄が合わなくなるんだよ。

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
英孝からじゃなかったんだ。川本真琴に謝れ!やり方キタネー

加藤紗里の嘘に対するネット上の意見
クリスマスプレゼントってことはあなたも浮気してるじゃんw

こうして加藤さんのインスタのコメント欄は大荒れとなり、自らの株と信用を見事に失落させたのでした。

スポンサードリンク


はじめて出会ったのは昨年の10月

加藤紗里さんの画像

出典:http://be-attractive.jp

狩野英孝さんと加藤紗里さんの交際が明るみとなった当初、加藤さんは「英孝とはじめて出会ったのは昨年の10月」と語っていましたが、実は2人が出会ったのはここ1ヶ月程度だったことが明らかとなり、またもや加藤さんの新しい『ウソ』が発覚したのです。

こちらも『上沼・高田のクギズケ!』に出演した際の狩野英孝さんが語った真実で明らかとなっており、逆にMCの上沼恵美子さんからは「あの子の何がええの?」との突っ込みが入るなど、注目を集めていました。

普段は「英孝」と呼んでいない

加藤紗里さんの画像

出典:https://www.instagram.com/

狩野英孝さんとの騒動後、メディアや番組に出演した際の加藤さんは、狩野さんのことを「英孝」と呼んでいますが、実はプライベートでは一度も「英孝」と呼んだことがないことも発覚しています。

これを受け、ネット上では「売名に利用しているだけだろ」「絶対好きじゃない」「そもそも付き合ってすらいないんじゃ?」といった疑惑が浮上し、話題となっているようです。

年齢詐称?サバ読み疑惑

 加藤紗里さんの画像

出典:http://trend-geino.com

モデルとはいえ、異様なまでに痩せており、見た目にも公表している『25歳』とは思えないほどの貧相な風貌であることから、加藤紗里さんには以前より『年齢詐称疑惑』や『サバ読み疑惑』がかけられていました。

そんな中、加藤さんは自分のインスタを通し「年齢もごめん、本当は1981…」と意味深な発言をして注目を集めます。

これには各社マスコミも「加藤紗里は年齢を詐称していた?」「サバ読み!実は34歳だった」と報じ、ネット上でも「やっぱり!」として大きな話題となりました。

しかし、過去に出場したコンテストやレースクイーン時代のプロフィールから、この発言は「年齢詐称」や「サバ読み」といった世間の噂を利用した『炎上狙いのウソ』であったことが発覚。

加藤さんの思惑通りに注目は集まったものの、世間からは「そこまでやるか・・」といったあきれる声も聞かれるようになってきたのでした。

加藤紗里「年齢も?」売名に利用した『大ウソ』まとめ

加藤紗里さんの画像

出典:https://www.instagram.com/

今回は、今までに加藤紗里さんが売名のためについたと思われる数々の『大ウソ』をまとめてみました。

ここまで公共の電波を使って平気で「大ウソ」を連発できる加藤紗里さんの『メンタルの強さ』と『異常さ』には、もはや呆れを通り越して「尊敬するわ」との声もあがっています。

また、彼氏であるという狩野英孝さんからは「謝罪をブログに載せるために事務所に確認をとっていたが、加藤紗里がワイドショーに出てどんどん違うことを言うから、発信するタイミングがない」というコメントも飛び出し、加藤紗里という女性の恐ろしさを明かしました。

数々のウソで塗り固めたことで、一躍世間からの注目を集めた加藤紗里さんですが、そのウソが次第に明らかとなるにつれ、芸能人としての人気のバロメーターともいえる『イメージ』や『好感度』はダダ下がり。

これではいくら有名になっても、今後使ってくれる番組やスポンサーがいなくなり、すぐに『過去の人』となってしまうような気もします。

果たして今後、加藤紗里さんはさらなる『ウソ』を発信してくるのか、今しばらくは注目してみても面白いかもしれません。

スポンサードリンク


【関連記事】

加藤紗里 「痩せすぎで怖い」「嘘つき」ロンハー出演で嫌われ炎上中

上沼恵美子「加藤紗里は嘘つきの性悪女」と切り捨て称賛の嵐

狩野英孝の『離婚原因』と『叩かれない理由』をわかりやすくまとめてみた

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ