「知ってた?」アンフェアの篠原涼子には2人の子供がいる【写真は非公開】

 

スポンサードリンク

 

いよいよ人気ドラマシリーズの最終章として映画が公開された『アンフェア the end』

また『アンフェア』の主役をクールでセクシーに演じているのは、ご存知女優の篠原涼子さんです。

実はそんな篠原涼子さんには、舞台俳優の市村正親さん(66)との間に2人の子供がいる、という事実はご存知だったでしょうか?

そこで今回は『知られざる篠原涼子さんの2人の子供』について、いろいろと掘り下げてみたいと思います。

篠原涼子さんのプロフィール

篠原涼子 画像

出典:http://matome.naver.jp/

篠原 涼子(しのはら りょうこ)
戸籍名:市村 涼子(いちむら りょうこ)
職業:元歌手・女優
出身地:群馬県桐生市
生年月日:1973年8月13日生まれ
血液型:B型
身長:162cm
事務所:イー・コンセプト所属

1989年のドラマ『高速戦隊ターボレンジャー』で生徒役として出演したのち、1990年にはアイドルグループ『東京パフォーマンスドール』の初代メンバーとして芸能界デビューを果たします。

1991年には、当時の大人気お笑い番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』へレギュラーとして出演し、アイドルでありながら汚れ役も積極的にこなすスタイルが好評を博し、視聴者からの人気と知名度を得ます。

1994年には、のちに歴史的な記録を数々残した伝説の音楽プロデューサー・小室哲也さんの元『篠原涼子 with t.komuro』の名義で、映画・ストリートファイター2 MOVIEの主題歌『恋しさと せつなさと 心強さと』を発表。

この曲は2年越しの大ヒットとなり、CDの販売では異例の200万枚を超えるダブルミリオンセールスを記録しました。

その後、東京パフォーマンスドールと小室ファミリーを離れた篠原さんは、しばらく仕事のない冬の時代を超えて、2003年に宮藤官九郎さん脚本のドラマ『ぼくの魔法使い』でヒロイン役を務めます。

このドラマでの活躍により、女優としての地盤を固めた篠原さんは、その後に主演を演じたドラマ『ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル〜溺れる人〜』でアルコール依存症の女性役を演じたところ、その振り切った独特の演技が高く評価され、第31回放送文化基金賞番組部門・個別分野出演者賞を受賞しました。

2005年には24歳年上の舞台俳優・市村正親さんと結婚、2008年5月には第1子である長男を出産しました。

子育てを続けながらも出演したドラマ『アンフェア』や『ハケンの品格』では、第44回ギャラクシー賞個人賞を受賞するなど、多忙な中でも家庭と仕事の両立を見事にこなし、一躍トップ女優としての道を歩み始めます。

また2012年2月には次男を出産。

このときには、およそ半年後に女優業を再開させ、その圧倒的なバイタリティで世間を驚かせます。

2014年からは、女性下着メーカーのイメージキャラクターに起用され『天使のブラ・極上の谷間』などのテレビCMでは、その美しくも豊満な胸元を惜しげも無く披露し、話題となりました。

スポンサードリンク


篠原涼子さんの子供

2008年5月に長男、2012年2月には次男を出産した篠原さんですが、当時は『子供を産んだのにあのスタイル』といった、篠原さんの方に世間の注目が集まり、子供に関してはそれほど着目されていなかったようです。

そのため、アンフェアの活躍ではじめて篠原さんを知った新しいファンの中には「篠原涼子って子供いるの!?」という方も多いようです。

そんな篠原さんの子供に関しては、あまり詳しい情報が公開されていませんが、次男を妊娠中に長男が青山学院を受験していたことがわかっています。

青山学院は、大学院まで一貫した教育を行うことで知られていますが、有名芸能人や財政界には特に人気の高い学校で、入学へのハードルが非常に高いことでも有名です。

そんな青山学院ですが、篠原さんの長男は幼稚園の受験には失敗したものの、小学校部門での受験には見事に合格。現在は、青山学院の初等部に通っているようです。

また、篠原さんの名前があまりにも有名過ぎることから、子供の名前や顔写真は全て非公開となっていますが、今後は市村さんを含めた家族での出演などを期待する声も多く、メディアを始めファンからの期待も高まっているようです。

篠原涼子さんの今後に期待

篠原涼子 アンフェアの画像

出典:http://unfair-the-end.jp

今回は、現在公開の映画『アンフェア the end』から、主演の篠原涼子さんの子供について掘り下げてみました。

アンフェアでは、クールで頭の切れる女性を演じる篠原さんは、実はバラエティにも出演して高い人気を博していたこと。

また子供の教育に関しては、なかなかのこだわりを持っていることがお分かりいただけたかと思います。

今回の映画で、シリーズとしては最終章を迎える『アンフェア』ですが、本作で篠原さんが残した存在感と功績は確かなものです。

少し気が早い気もしますが、そんな女優・篠原涼子さんの次回作にも期待したいところです。

スポンサードリンク


【関連記事】

松嶋菜々子の黒歴史 とんねるずと共演で言わされた「卑猥なセリフ集」まとめ

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ