ラーメンズ片桐仁 粘土作品やドラマでの演技に集まった称賛の声

 

スポンサードリンク

 

先日、7年ぶりの復活が報じられたお笑いコンビ『ラーメンズ』

このラーメンズのメンバーである片桐仁さんは、非常に多才な人物でも知られ、お笑いだけでなく俳優や芸術家としても活躍しています。

そこで今回は、そんな片桐仁さんの才能あふれる粘土作品の紹介やドラマでの演技に集まるネット上の声をまとめてみました。

ラーメンズ・片桐仁さんのプロフィール

片桐仁さんの画像

出典:http://matome.naver.jp/

片桐 仁(かたぎり じん)
愛称:ギリジン
生年月日:1973年11月27日
出身地:埼玉県南埼玉群
血液型:B型
身長:176cm
体重:62kg
職業:お笑い芸人・芸術家・コラムニスト
コンビ名:ラーメンズ(相方 / 小林賢太郎)
事務所:トゥインクル・コーポレーション所属
配偶者:村山ゆき(元モデル・タレント)
趣味:漫画(ガンダム・ドラゴンボール)ゲーム・粘土細工
特記:円周率を40桁まで暗記している

ドラマや映画、舞台が中心という不思議なお笑い芸人

片桐仁さんの画像

出典:http://sp.natalie.mu/

現在は、嵐・松本潤さんが主演のドラマ『99.9-刑事 専門弁護士-』にも出演中の片桐仁さん。

そんな片桐さんは、本業がお笑い芸人であるにも関わらず、現在までにドラマ38本と映画14本、さらには舞台にも37本出演しており、同年代の俳優と十分に競えるほどの出演作品数を誇っています。

また、多くの作品への出演を裏付けるかのように、ドラマや映画での片桐仁さんの演技力には、世間の人たちからも高い評価を受けているようです。

そこで、現在出演中のドラマ『99.9-刑事 専門弁護士-』で、松本潤さんの相棒的なポジションである“明石達也”を演じる片桐仁さんに集まったネット上のコメントを集めてみました。

片桐仁の演技力に対するネット上の意見
99.9、意外にも(←失礼)面白かった。松潤も良いけど、片桐仁良い役、良い演技、良い役者!

片桐仁の演技力に対するネット上の意見
しっかし片桐仁さんの演技はすごかったなあ。潤くんと息ぴったりだったし、なによりも演技と思わせないところがすごい。素でやってるんじゃないかって思ったくらい

片桐仁の演技力に対するネット上の意見
松潤が霞んで見えるぞ〜片桐仁さんの演技力と圧倒的存在感!

片桐仁の演技力に対するネット上の意見
片桐仁さんの演技ドンピシャでめっちゃ笑った

片桐仁の演技力に対するネット上の意見
片桐仁の何気ない演技がめっちゃいい!

などなど、片桐さんの高い演技力には、老若男女を問わず多くの人たちから称賛の声が集まっていました。

また、ラーメンズを知らない若い世代の人の中には、“ラーメンズ7年ぶりに復活”というニュースで、初めて片桐さんが芸人であったことを知ったという人までいたそうです。

スポンサードリンク


粘土作品は、個展が開かれるレベルの腕前

片桐仁さんの粘土作品の画像

出典:http://www.parco-art.com

そんなドラマや映画での演技が高い評価を受けている片桐仁さんですが、実は芸術家としての一面も持ち合わせています。

その片桐さんの類い稀な才能が存分に発揮され、世間からの注目を集めているのが、個展が開かれるレベルの『粘土作品』の数々です。

かつて、ラーメンズの相方である小林賢太郎さんから「毎月、何かに粘土盛ったらいいんじゃない?」と言われたのをきっかけに、マンガ誌『ヤングマガジンアッパーズ』で粘土を使った作品造りの連載『俺の粘土道』を開始。

すると多摩美術大学の出身者でもある片桐さんは、その実力を遺憾無く発揮し、多数の読者からの注目を集めます。

こうしてユニークなコンセプトを持った片桐さんの作品の数々は「見ているだけで楽しい」と大評判になりました。

その後、これらの作品の集大成として、2013年には渋谷パルコミュージアムで初の個展も開かれ、多くの来場者を魅了したのでした。

片桐仁さんの個展・パルコミュージアムの宣伝ポスターの画像

出典:http://www.parco-art.com

ラーメンズ・片桐仁さんの粘土作品の数々

片桐仁さんの粘土作品の画像

出典:http://www.parco-art.com

恐竜の頭蓋骨をモチーフにしたというこちらの作品は『ドライヤザウルス』というタイトルで、中には本物のドライヤーが入っており、実際に使うこともできるそうです、

片桐仁さんの粘土作品の画像

出典:http://www.parco-art.com

ちょっと強面なこちらの作品は『炎天剣・ギリギリ君』という作品名で、中にはあのソーダ味の氷菓子で有名な“ガリガリ君”が入っているのだとか。

また、この作品には「暑い夏、友達に自慢できる一品です」とのコメントが添えられていましたが、中のガリガリくんは溶けてしまわなかったのでしょうか?

片桐仁さんの粘土作品の画像

出典:https://www.instagram.com/

こちらは、まるでどこかの遺跡から掘り出してきたかのようなクオリティーを醸し出す『ペットボ土偶』

作品名から何となく想像が付くかもしれませんが、こう見えてペットボトルホルダーであるそうです。

片桐仁さんの粘土作品の画像

出典:http://www.mdn.co.jp/

自身の顔をモデルとし、粘土と模型の人形を駆使して作ったというこちらの作品は『片pad』というタイトルで、あの大人気タブレット『iPad』の専用ケースであるそうです。

しかしよく見ると、顔の中心には鼻ではなく“3人の人間の模型”が使われてたり、顔中には無数の足が生えているなど、意外と不気味な作品でもあります。

ラーメンズ片桐仁 粘土作品やドラマでの演技に集まった称賛の声 まとめ

片桐仁さんの画像

出典:http://www.cinra.net/

今回は、お笑いよりも俳優や芸術家としての活躍が目覚ましい不思議な芸人・片桐仁さんの作品や、演技での片桐さんの才能に集まったネット上の称賛コメントをまとめてみました。

ちなみに相方の小林賢太郎さんも、俳優や劇作家、さらにはパフォーミングアーティストに演出家、漫画家、アニメ監督といった多方面で活動を行っているそうで、ファンの間では「演技に関しては、小林さんの方が上」という意見もあがってました。

こうなるともはや「なぜ芸人でデビューしようと思ったのか」は謎ですが、7年ぶりの復活を果たした才能溢れるお笑いコンビ『ラーメンズ』の今後の活動からは目が離せません。

スポンサードリンク


【関連記事】

お笑い芸人『昔はイケメンだったのに・・』ランキング トップ10【画像あり】

ハゲてもかっこいい芸能人・有名人 2016【画像とコメント付き】

『ちょうどいいブス』ネット上のみんなが選んだ芸能人10人+1人 まとめ

芸能人のアメブロ『収入ランキング』ベスト10

R1グランプリの歴代優勝者は「つまらない、面白くない」の法則

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ