【ポケモンGO】日本やアメリカで起きた事故・事件 まとめ

 

スポンサードリンク

 

今や世界的な社会現象となっているゲームアプリ『ポケモンGO』

公開4日で14億円以上の売上を突破したともいわれ、大きな経済効果も生んでいます。

その一方で、ゲームに熱中するプレイヤーが事故や事件に巻き込まれるケースも多発しているようです。

そこで今回は、日本やアメリカで起こった『ポケモンGO』にまつわる事故や事件をまとめてみました。

スマホ用アプリ『ポケモンGO』とは?

ポケモンGOの画像

出典:https://twitter.com/

アメリカのコンピューターゲーム会社である『ナインアック』と、日本の『株式会社ポケモン』が共同で手掛けたことでも知られる、スマホ向けゲームアプリ『ポケモンGO』。

そんな『ポケモンGO』は、1996年に任天堂から発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター』から派生したゲームアプリで、スマホならではの“位置情報機能”を利用し、現実の世界とゲームの世界をリンクして楽しめるプレイスタイルが特徴的です。

ダウンロード及び基本プレイは無料ですが、ゲームを有利に進めるために“課金”によってアイテムを購入し、より効率的にポケモンの捕獲や育成・進化をさせることも可能となっています。

プレイヤーは、まずマップ上に示されたポケモンのいる位置へ「実際に行く」ことで、モンスターを捕獲することが可能となります。

またポケモンを捕まえたり、ポケモンの卵を孵化させるためには、指定された距離を現実世界で実際に歩く必要があるため、『引きこもり』や『うつ病』といった精神病患者の症状改善にも利用できるのではないかとして、医学界からの注目も集まっているようです。

『ポケモンGO』が引き起こしたアメリカの事故・事件

ポケモンGOの画像

出典:http://socom.yokohama/

そんな大人気アプリ『ポケモンGO』ですが、ゲームの特性上、スマホの画面を見たまま外を歩き回る必要があるため、世界中のあちこちで事故や事件も起きているようです。

そこでここからは、日本やアメリカで『ポケモンGO』のプレイヤーが引き起こした事故や、プレイヤーを狙った悪質な事件をまとめてみましたのでご覧ください。

ポケモンGOで遊んでいた2人組が崖から転落(アメリカ)

ポケモンGOで起きたアメリカの事件事故の画像

出典:http://www.nbcsandiego.com/

こちらは、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴで起きた事故です。

海岸付近の崖の上で『ポケモンGO』を楽しんでいた男性2人組が、プレイに集中しすぎたためにそのまま崖下に転落。

この崖は、高さがおよそ15mから30m近くあったため、通報を受けたライフガードが駆けつけたときには、すでに落下した内の1人は意識のない状態であったといいます。

その後、2人は病院に緊急搬送されましたが、その後の容体は不明です。

ポケモンGOをプレイ中の少年が他人の家に侵入 射殺される(中米)

ポケモンGOで起きたアメリカの事件事故の画像5

出典:http://www.gizmodo.jp/

グアテマラ出身の18歳の少年と、そのいとこで17歳の少年が『ポケモンGO』のプレイ中にモンスターを捕獲するため、他人の家へ無断で侵入。

その後、家内にいた住人が強盗と間違え、少年達に向けて発砲するという痛ましい事件が起きました。

地元メディアの報道によると、銃撃を受けた18歳の少年は死亡し、17歳の少年は重傷を負ったといいます。

またこの報道が真実であれば、この事件は『ポケモンGO』関連では世界初となる“死者を出した事件”となるそうです。

ピカチュウを捕まえるために高速道路上で停止 大事故に(アメリカ)

ポケモンGOで起きたアメリカの事件事故の画像2

出典:http://www.cartelpress.com/

こちらは、アメリカのマサチューセッツ州で起きた驚きの交通事故です。

26歳の男性が、高速道路を運転中に『ポケモンGO』をプレイ。

すると、道路上にピカチュウを発見したため、男性は高速道路上でそのまま車を停車させ、ピカチュウの捕獲を始めたといいます。

そこへ続く後続車が次々と衝突し、全面的に車線を塞いでしまうほどの大事故となりました。

しかし、捕まった男性は反省するどころか逆ギレ。

現場に駆けつけた警察官に対し「ポケモンを全部捕まえたいならこうするしかないんだよ!だから俺は車を停めてボールを投げ始めたんだんだ!」と、とても社会人とは思えない言い訳をしていたそうです。

男性が事故によって負う刑罰については不明ですが、幸いなことにこの事故による死者や重傷者は出ていません。

しかし恐ろしいのは、事故の被害者の中にも『ポケモンGO』をプレイしながら運転していた人がいたということです。

スポンサードリンク


ポケモンGOをプレイしながら車を運転 パトカーに衝突(アメリカ)

ポケモンGOで起きたアメリカの事件事故の画像3

出典:http://www.mirror.co.uk/

こちらも運転中に『ポケモンGO』をプレイしていて起きた交通事故です。

アメリカのメリーランド州ボルティモアで事故を起こした男性は、ポケモンGOのプレイに集中するあまり、ほとんど前を見ずに運転しており、たまたま路肩に停車していたパトカーの側面に衝突。

幸い運転手にケガはなく、パトカーにも誰も乗っていなかったため、この事故によるケガ人は出ませんでした。

事故を起こした車は数十メートル先で停車し、中から出てきた若い男性は、詰め寄った警察に対し「こんなゲームで遊んでいたから自業自得だ」と反省していたそうです。

この事故では、ケガ人こそ出なかったものの、事態を重くみた警察は衝突時の映像をマスコミを通して世間に公開し、運転中における携帯電話利用の危険性を訴えました。

「ポケモンGOやってるの?」と話しかけ刺される(アメリカ)

ポケモンGOで起きたアメリカの事件事故のの画像4

出典:http://www.gizmodo.com/

こちらは、アメリカ・オレゴン州で起きた刺傷事件。

『ポケモンGO』をプレイしていたマイケル・ベイカーさん(22)は、路上でスマホを操作している男性を発見し、「ポケモンGOやってるの?」と声を掛けました。

すると相手の男性は突然ナイフを取りだし、マイケルさんに切りかかってきたといいます。

これ自体も恐ろしい事件ではあるのですが、驚くべきはその後にマイケルさんがとった行動です。

マイケルさんはナイフで刺されたにも関わらず、そのままポケモンGOのプレイを続行。

その後、コンビニでお菓子とビールを買い、ポケモンを何匹か捕まえたのち、ようやく病院での治療を受けたそうです。

マイケルさんは肩を8針も縫う大怪我を負っていましたが「ポケモンGOに熱中していたため、軽傷だと思っていた」という驚きのコメントも残しています。

ポケモンGOでプレイヤーをおびき寄せる強盗事件も発生(アメリカ)

ポケモンGOで起きたアメリカの事件事故の画像6

出典:http://gizmodo.com/

最後は、ポケモンGOのソーシャル機能である「ビーコン」を悪用した強盗事件です。

アメリカのミズーリ州では、武器を持った男性4人組がポケモンの隠れ場所を示すビーコンを利用してプレイヤーを待ち伏せし、金銭や携帯電話を奪うという強盗事件が発生しました。

また同様の手口の犯行は、近隣のセントルイスやセントチャールズ郡などでも発生し、現在も被害者が増え続けているそうです。

日本はまだ平和?『ポケモンGO』が引き起こした日本の事故・事件

ポケモンGOで起きた事件事故の画像5

出典:http://kanasoku.info/

こうしたポケモンGOに関連する事故や事件は、アプリのリリースが遅れた日本でも増えつつあるようです。

現時点では、アメリカのような大きな事件ではなく「田んぼに落ちた」「転んでスマホの画面が割れた」「草むらにはまった」といった比較的平和なものがほとんどですが、とあるツイッターユーザーからはこんな報告もあがっていました。

車を運転していたAさんは、スマホを片手に赤信号で路上に飛び出してきた子供に気付き、急ブレーキをかけたといいます。

幸い子供にケガはありませんでしたが、赤信号で子供が飛び出してきたことを懸念したAさんは、近くで世間話をしていた母親に注意を促したそうです。

するとその母親は「子供が新しいゲーム(ポケモンGO)にハマるのは当然。メディアでも注意喚起してますし、運転者も少し頭に入れるべき」と理解しがたい反論を返してきたといいます。

今回は運よく事故になりませんでしたが、この母親のような“想像力が欠如した大人”がいる限り、近い内に必ず悲劇は起こるでしょう。

もちろんハンドルを握る側にも同様の責任があり、運転中のスマホ操作などは言語道断です。

誰かの命を奪ってから、もしくは奪われてから後悔しても、亡くなった人は戻ってきません。

いくらポケモンGOが優れたアプリであったとしても、無料のゲームのために一生を棒に振るような行動だけは避けたいものです。

【ポケモンGO】日本やアメリカで起きた事故・事件 まとめ

ポケモンGOの画像

出典:http://jin115.com/

今回は、世界的な大ヒットを記録したゲームアプリ『ポケモンGO』にまつわる、アメリカと日本で起きた事故や事件についてまとめてみました。

今後は日本でも『ポケモンGO』にまつわる事故や事件が増えていくことは間違いないでしょう。

そんな中、ポケモンGOをプレイする人たちは、きちんと“現実世界での危険があること”を認識し「被害者」にも「加害者」にもならない努力も必要なようです。

スポンサードリンク


【オススメ記事】

過去のアイドルに起こった恐ろしい事件と犯人の目的

【しくじり先生】神回になりそうな出演者TOP20【ベッキー・能年玲奈・矢口真里】

【芸能人の子供】世間で話題の『二世タレント・七光り』ランキング

【最新】ネット上で話題の『女性芸能人 劣化ランキング2016』まとめ

『ちょうどいいブス』ネット上のみんなが選んだ芸能人10人+1人 まとめ

横山健にISSAなど、豪快にタトゥーの入った芸能人・有名人【画像あり】

芸能人のアメブロ『収入ランキング』ベスト10

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ