メリー喜多川が「SMAP解散」までに犯した 3つの重大なミス

 

スポンサードリンク

 

世間では「SMAP解散の一番の戦犯」ともいわれているジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川さん。

一昔前であれば通用したであろうメディアを使った情報操作も失敗に終わり、世間の怒りの矛先はまっすぐメリーさんへと向かっているようです。

そこで今回は、そんなメリー喜多川さんがSMAPを解散へと追い込むまでに犯した『3つの重大なミス』をまとめてみました。

重大なミスその1『週刊文春の前で飯島マネージャーを恫喝したこと』

メリー喜多川さんの週刊文春独占取材の画像

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

現在、国民的アイドルグループであるSMAPを解散にまで追い込んだ“一番最初のきっかけ”と考えられているのが、2015年1月発売の週刊文春に掲載されていた『メリー喜多川さんの独占インタビュー記事』です。

このインタビュー中、事務所内の“派閥問題”を指摘され、激高したメリーさんがSMAPのマネージャーであった飯島さんを呼び出し「(藤島ジュリー景子さんと)対立するならSMAPを連れて出て行ってもらう」と取材陣の前で恫喝しました。

この記事は「公開パワハラ」としても物議をかもしましたが、ここからジャニーズ事務所内の派閥問題が深刻化し、飯島マネージャーは独立を考えるようになったともいわれています。

そのため、ファンの間では「SMAPは、事務所と飯島マネージャーの争いに巻き込まれただけの被害者」と見ている人も多いようです。

また一部では「週刊文春がジャニーズ事務所のお局に余計なリークをしなければ、ここまで大きな騒動にはならなかった」という指摘もあり「週刊文春が火種を作った張本人」という見方もあるようです。

【関連記事】

ジャニーズ事務所の闇 NYタイムズなどの海外紙が報じた「SMAPの奴隷契約」

SMAP年収ランキング「事務所が解散させたい理由」は高過ぎる報酬だった?

【最新】謎の人物が明かした「SMAP解散の真相」

メリー喜多川の企てた『最低最悪のシナリオ』【娘との共謀説も】

重大なミスその2『SMAPに公開謝罪をさせたこと』

SMAP×SMAPでの謝罪会見の画像

出典:http://ringosya.jp/

その後、ジャニーズ事務所内の派閥争いが激化し、飯島マネージャーが公に独立を宣言したことから、飯島さんに育てられたSMAPのメンバーは「事務所への残留」か「マネージャーと共に独立か」という究極の選択を迫られることになりました。

しかしメリー喜多川さんは、メンバーの一人である木村さんを取り込むことに成功すると、今までに培ってきた権力を駆使して各所に圧力をかけ、飯島マネージャーと残った4人のメンバーに追い込みをかけます。

そのため行き場を失った飯島さん一行は、『飯島マネージャーが辞職して責任を取る』という形で事態の収束を図らざるをえない状況へと追い込まれていきました。

しかし、暴走するメリー喜多川さんの怒りはこれだけで収まらなかったのか、あろうことかSMAPのメンバーを『生放送で謝罪させる』という暴挙に出たのです。

のちに、この謝罪会見は「公開処刑」ともいわれ、SMAPのメンバー内に不必要な確執を生んだだけでなく、修復不可能なほどの爪痕を残したのでした。

【関連記事】

1月18日の『SMAP×SMAP』謝罪放送で視聴者が感じた3つの違和感

ジャニーズ事務所など 今年最も“闇”を感じた 芸能事務所ランキング TOP3

スポンサードリンク


重大なミスその3『SMAPの解散をオリンピック期間中に発表したこと』

SAMP解散の画像

出典:http://blueroses.sblo.jp/

こうして一応は収束の形を取り繕った、ジャニーズ事務所と飯島マネージャーの独立騒動。

しかし、この騒動に巻き込まれる形となったSMAPのメンバーは、それぞれの心に深い傷を負ってしまいました。

またメリー喜多川さんは、騒動の最中にスポーツ新聞やゴシップ誌を使って情報操作を行い、テレビ局やメディアを取り込むことには成功。

しかしネット社会といわれる現代では、この“古いやり方”で世間の人たちの心を操ることはできず「事務所が今までに行ってきたであろう汚いやり方」を露呈するだけの形となってしまったのです。

その後、互いの信頼関係までもが崩壊してしまったSMAPのメンバーは、一度生まれた亀裂を修復することができず、ついには「解散」という最悪の結果を迎えてしまいました。

しかし、またしてもメリー喜多川さんは、この『SMAPの解散』を「あくまでメンバーたちのせい」にしただけでなく、オリンピックで盛り上がるお盆期間中の深夜という最悪のタイミングで発表したのです。

またこの発表があった直後、メリー喜多川さんはハワイへ旅行に出かけていたことが明るみとなり、こうした“25年間も事務所に尽くしてきたSMAPに対する不誠実な態度”には、世間からの多数の批判の声が集まりました。

【関連記事】

SMAPと男闘呼組の解散が酷似していた?『メリー喜多川の独裁政治』とは

SMAP解散 中居正広に寄せられたファンからのエール「ラジオで全てが・・」

メリー喜多川が「SMAP解散」までに犯した 3つの重大なミス まとめ

メリー喜多川さんの画像

出典:http://bbs141.meiwasuisan.com/・http://cgworld.jp/

今回は「SMAP解散の一番の戦犯」といわれているジャニーズ事務所の副社長・メリー喜多川さんが犯した『重大な3つのミス』についてまとめてみました。

現在のメリー喜多川さんは、今までは自分の思い通りとなっていた“情報操作”が、なぜか今の世間に通用しないことに恐れをなし、“海外へ逃亡した”とも報じられています。

また『なぜ世間の怒りの矛先が自分に向いてしまっているのか』も理解できていないようで、周囲の人間に「もうSMAPに関して表に出ることはやめたい」と弱気な発言も漏らしているともいわれています。

その高齢から、副社長という地位からの引退も近いといわれているメリー喜多川さん。

最後にファンや国民に向け、誠意を見せることはあるのでしょうか?

スポンサードリンク


【関連記事】

メリー喜多川 ジャニーズ副社長に「老害ババア」「辞めろ」「嫌い」の声

ジャニーズ事務所は“ブラック企業” 時代遅れの経営方針とは?

SMAP解散の裏では『ジャニー喜多川社長』が奔走していた

藤島ジュリー景子がジャニーズ事務所の社長になったら消えそうなグループは?

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ