石坂浩二 鑑定団後の新BS番組に、早くも『打ち切り説』が浮上?

 

スポンサードリンク

 

2016年3月29日放送分の『なんでも鑑定団』が最後の出演となった石坂浩二さん。

「卒業という名の強制降板だ」という批判も多い中、石坂浩二さん本人は4月から始まるBS放送に胸を踊らせているようです。

しかしそんな新BS番組に、早くも『年内打ち切り説』が浮上しています。

石坂浩二さんのプロフィール

石坂浩二さんの画像

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

石坂浩二(いしざか こうじ)
本名:武藤兵吉(むとう へいきち)
生年月日:1941年6月20日
出身地:東京都中央区
身長:170cm
体重:65kg
血液型:O型
趣味:絵画
職業:俳優・タレント・作家・司会者・ナレーター
配偶者:浅丘ルリ子(1971〜2000年)一般の女性(2001年~現在)
事務所:プロダクション尾木所属

なんでも鑑定団 降板の理由を振り返る

石坂浩二さんの鑑定団に関する画像

出典:http://www.dailymotion.com/

人気番組『開運!なんでも鑑定団』における今回の石坂浩二さんの降板は、番組上「4月のリニューアルに向けての司会者の入れ替え」と公言されています。

しかし、世間の誰しもが“あの騒動”を忘れておらず、鑑定団からの石坂浩二さんの降板を快く思っている人はごく少数です。

騒動の発端は今年の1月、ネット上で「鑑定団での石坂浩二が2年近くほとんど発言していない」という説が浮上、これが瞬く間に大きな波紋を呼び、注目を集めました。

その後、ネット上の有志たちが力を合わせ、鑑定団での石坂さん発言を遡って検証したところ、本当に『石坂浩二さんの発言シーン』がほとんどなかったことが明らかとなったのです。

この事実を知った視聴者からは「重病を患っていて話せないのでは?」といった心配の声も飛び交い、物議をかもします。

そんな中、この騒動に目を付けた某メディアが石坂さんに直接取材を敢行します。

すると「収録中はたくさんしゃべってる」との石坂さん証言から、2年間もの長きに渡り、番組制作スタッフによって『故意に発言シーンがカットされていた』という事実が発覚したのです。

さらには、石坂浩二さんがなんでも鑑定団のプロデューサーから『番組司会の降板』を通告されていたことも明るみとなりました。

この、20年以上も番組に貢献してきた石坂浩二さんに対する番組制作スタッフの敬意の無さには、世間から大批判を集める結果となったのです。

スポンサードリンク


鑑定団を愛する石坂浩二さんの感動エピソード

石坂浩二さんの鑑定団に関する画像

出典:http://ameblo.jp/bz-125-norinori/

1994年の放送開始当初から、なんでも鑑定団の司会を務めてきた石坂浩二さん。

石坂さんは俳優でありながら、歴史や骨董に精通した人物としても知られており、石坂浩二さんの“うんちく”が、番組に深みを持たせていた時代もありました。

そんな石坂浩二さんはかつて番組内で一度だけ、登場したお宝を自分で購入したことがあったのです。

それは2006年に登場した、日本の戦艦『長門』の“軍艦旗”です。

石坂浩二さんの鑑定団に関する画像

出典:http://yamato-museum.com/

この軍艦旗は、戦時中に一人のアメリカ兵が戦利品として国へ持ち帰っていたもので、出品したのは米海軍艦長の娘さんでした。

これを見た石坂浩二さんは、この軍艦旗を鑑定額の1000万円で買い取り、その後、広島県呉市にある『大和ミュージアム』へ寄贈したのです。

石坂浩二さんは、このことについて「このような貴重な品は縁りある呉の「大和ミュージアム」で飾るのが一番ふさわしい。旗に込められた人間の思いが伝わってくれれば嬉しい」とのコメントを残しています。

BSジャパン『開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン』

石坂浩二さんの鑑定団に関する画像

出典:http://www.sankei.com/

そんな石坂浩二さんも、2016年3月29日の放送分をもってなんでも鑑定団の司会を降板します。

世間では、石坂さんの降板を惜しむ多くの声が集まっていますが、実は4月からBSジャパンでスタートする『開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン』での司会役が決まっています。

こちらの番組では、本家のようにお宝の値段を鑑定するのではなく、毎週自慢のお宝を持って登場するコレクターと司会の石坂浩二さんが『お宝の魅力について語り合う番組』であるそうです。

ファンの間では、石坂浩二さんにとっても、さらには視聴者にとっても非常に楽しめるコアな番組になるのではないかとして期待されています。

しかしこのBSの新番組に、早くも『年内打ち切り説』が浮上しているのです。

この説を報じた日刊サイゾーによれば、石坂さんと鑑定団プロデューサーの火種はまだくすぶっており、BSの新番組は「騒動を沈静化させるための応急処置」であるとか。

そのため、番組のスポンサーも集まらず『年内打ち切り前提』で番組をスタートさせるつもりで、喜んでいるのは石坂さんだけ、とのこと。

もしこれが事実であれば、鑑定団の制作サイドへの批判はさらに大きなものとなりそうです。

【石坂浩二】鑑定団で見る最後の姿。4月からはBSで伸び伸び まとめ

石坂浩二さんの画像

出典:http://nomusoku.blomaga.jp/

今回は、2016年3月29日の放送で『なんでも鑑定団』を降板になる、石坂浩二さんについてまとめてみました。

本家ではここ数年、本来の持ち味を潰されてしまっていた石坂浩二さんですが、BSの新番組では石坂さんと同じように“お宝そのものを愛してやまない”コレクターたちとの語り合いに、往年のファンからの熱い注目が集まっています。

新番組では、今までの不完全燃焼な気持ちをを取り返すべく、得意の“うんちく”を披露しながら、私たち視聴者を楽しませてくれることでしょう。

スポンサードリンク


【関連記事】

【石坂浩二の降板】なんでも鑑定団のプロデューサーに批判殺到

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ