紅白2015 大トリが松田聖子と近藤真彦「若者無視か?」

 

スポンサードリンク

 

2015年のNHK紅白歌合戦の大トリが決定しました。

紅組は2年連続で松田聖子さん(53)白組は近藤真彦さん(51)がトリを務めます。

こちらのお二人は、80年代のトップアイドルとして一世を風靡した方たちです。

また今年が共にデビュー35周年ということもあり、昔からのファンの間ではNHKの大トリ人選に賞賛の声が上がっています。

しかし、これに不服を唱えるのが今の若い世代の人たち。

特に白組のトリを務めることが決まった近藤真彦さんには「19年振りに出てきて、いきなり大トリ持ってくの?」「同じジャニーズなら、今活躍してる嵐にやらせるべきでしょ」と、現代のジャニーズファンから『先輩という立場を利用している』といった批判的な意見も寄せられているようです。

そこで今回は、NHKが出演者を選別する際に基準としたものは何だったのかを、NHK目線で考えてみました。

近藤真彦さんのプロフィール

近藤真彦さんの画像

出典:http://music.jocee.jp

近藤真彦(こんどう まさひこ)
愛称:マッチ
生年月日:1964年7月19日
出身地:神奈川県大和市
血液型:O型
身長:170cm
職業:歌手・俳優・タレント
レーシングドライバー兼レーシングチーム監督
事務所:ジャニーズ事務所

近藤真彦さんは、1977年にジャニーズ事務所へ入所。

2年後の10月に、武田鉄矢さんが主演を務める当時の人気テレビドラマ『3年B組金八先生』で、生徒の星野清役でテレビデビューを果たしました。

その後、ソロ歌手としてデビューを果たすと、可愛らしい容姿とヤンチャな行動が女性ファンの心を掴み、1980年代を代表する男性アイドルとして、広くその名を知られるようになっていきます。

また、当時の男性アイドルとしては珍しく同年代の男性からも支持されており、ドラマや映画と幅広く活躍していました。

その人気ぶりはとどまるところを知らず、1983年に発売されたブロマイドでは年間売上で1位を獲得するほどでした。

1984年には、元もと好きだったというカーレースにのめり込み「日本一速い男」の称号を持つ星野一義さんの元でレース活動を始めます。

そして、1998年には「KONDO MASAHIKO RACING PROJECT(近藤真彦 レーシングプロジェクト)」を発足。

一年間、監督としてレーシングチームの運営ノウハウを学んだのち、2000年に自らのチーム「KONDO Racing(コンドー レーシング)」を設立しました。

松田聖子さんのプロフィール

松田聖子さんの画像

出典:http://www.seikomatsuda.co.jp/

松田 聖子(まつだ せいこ)
本名:蒲池法子(かまち のりこ)
生年月日:1962年3月10日
出身地:福岡県久留米市
血液型:A型
身長:160cm
体重:42kg
職業:歌手、シンガーソングライター、女優
ジャンル:アイドル歌謡曲・ポップミュージック
事務所:felicia club所属
著名な家族:神田沙也加(長女)

松田聖子さんは、高校一年生のときにCBSソニー主催の『ミス セブンティーンコンテスト九州地区大会』で優勝するも、全国大会への出場は両親の反対により辞退してしまいます。

しかし、このときの松田聖子さんの歌声を聴いたCBSソニー制作部の若松宗雄氏にスカウトされ、渡辺プロダクション傘下の東京音楽学院九州校に在籍することになりました。

こうして高校3年生のときにはサンミュージックプロダクションと契約。

歌手デビューのため上京し、堀越高等学校へ転校します。

その後、ドラマ『おだいじ』で松田聖子役で出演すると、この役名が親しみやすいとの理由から芸名が松田聖子になりました。

そしていよいよ、1980年4月1日に「裸足の季節」で歌手デビューを果たします。

可愛らしい見た目と色気のある歌声で多数の新人賞を獲得し、男女問わず多くのファンからの注目を集めました。

この頃、女性ファンの間では「聖子ちゃんカット」と呼ばれる独特のヘアスタイルも大流行します。

聖子ちゃんカットの画像

出典:http://laughy.jp/

こうした人気絶頂の最中、松田聖子さんは1985年に映画で共演した俳優の神田正輝さんと結婚。

当時はビッグカップルの誕生をもじって「聖輝の結婚」とも呼ばれた空前絶後の騒動となり、二人の結婚披露宴が放送されたテレビ番組の視聴率は、驚異の34.9%を記録しました。

その後、1986年には長女の神田沙也加さんを出産。

こうしてママになったアイドル「ママドル」としての松田聖子さんは、結婚、出産を経てもその人気は衰えず、今でも多くのファンから愛されています。

紅白2015の大トリに近藤真彦さんと松田聖子さんを選んだ理由は『視聴者の高齢化?』

紅白歌合戦2015の画像

出典:http://salvami.xsrv.jp

NHKは他局とは違った独自の収益モデルを乱用しているものの、テレビ局である以上は『視聴率』が全てです。

現代はインターネットの普及により、若者のテレビ離れが深刻化。

各テレビ局も若い世代の視聴者の奪い合いとなり、似たような番組ばかりが放送されるようになりました。

ここで打開策となるのが、日本の全人口の割合が26%を超える『高齢者』

過去、テレビの高視聴率は『20%を超える番組』のことを指しましたが、最近は2ケタに届けば高視聴率とされています。

そんな中で、放送開始から50年が過ぎた長寿番組「笑点」は、ここ20年間の平均視聴率が18%と高水準を維持し続けています。

この数字が維持できているのも、高齢者の方たちが毎週まるで習慣のように見続けているからであるといわれています。

また、笑点の視聴者が高齢者であることを裏付けるかのように、過去に裏番組で大相撲が放送された際には視聴率が15%(笑点では最低数値)まで落ち込みました。

スポンサードリンク


そこで今回の『紅白歌合戦2015』です。

今回トリを務める近藤真彦さんと松田聖子さんがデビューした35年前の紅白歌合戦の視聴率は、なんと『71.1%』

またこの二人が最盛期だったデビューから5年間の視聴率を平均すると『73.64%』という桁違いの数字になるのです。

もちろんこれは、インターネットがなかった時代の視聴率ではあるのですが、この”かつての功績”は、今のNHKにとっての『最後の頼みの綱』でもあります。

そのためNHKは、この時代を知らないネットで動画を見るような若者を切り捨て、当時を知る『高齢層』へターゲットを絞ったのではないかと考えられます。

また、18年振りにX-JAPANが返り咲いたり、今井美樹さんやレベッカといった『昔の人気アーティスト』が選ばれている理由も、高齢層受けを狙ったものである可能性が高いと思われます。

視聴者からのクレームを避けたい

近藤真彦さんと松田聖子さんの画像

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/・http://topicks.jp/

NHKが高齢層をターゲットに絞ったと仮定したとき、NHKが選定基準として掲げる『今年売れたアーティスト』とはいえ「高齢層からクレームの来そうなアーティスト」は使いたくないはずです。

それを裏付けるかのように、今回の出演者を見ても「高齢者が見ても違和感のない無難な出場者」がほとんどです。

このNHKの選出に対して「出演者の選び方がおかしい!」と、ネット上では批判の嵐が巻き起こりましたが、実際に電話でクレームを寄せるのは、50歳を過ぎた高齢層がほとんどであるといわれています。

つまり、同じ年代の近藤真彦さんや松田聖子さんを大トリにすることで、この『クレーム層』を味方につけようとしたのかもしれません。

過去には、2006年の紅白歌合戦でDJオズマさんが『全裸に見えるボディースーツ』を着て出場したことで、NHKには250件以上の問い合わせが殺到し、出入り禁止を命じられたことがあります。

DJオズマさんの全裸に見えるボディースーツ

このときのDJオズマさんは、演歌界の大御所・北島三郎さんから「遊びと違うんだぞ!ここはストリップ劇場じゃない!」とかなりの剣幕で怒られたことも話題となりました。

今年の出演者の中で、何かをしでかしそうなアーティストはゴールデンボンバーくらいですが、出入り禁止になった先輩DJオズマさんからは「やるなと言われたことはやるな。やるなと言われてないこともやるな。」というアドバイスを受けたといいます。

また、今回の出演者にやたらとジャニーズグループが多いのも、高齢視聴者からのクレームを避ける作戦の一つであるのかもしれません。

ジャニーズのタレントは、芸能界の中でもひときわ厳しい教育を受けてきており、言葉のひとつひとつにも気を遣い、常に先輩を立てるというルールを叩き込まれているといいます。

これは、年功序列の社会で生きてきた高齢層からの印象が非常にいいですよね。

さらにジャニーズグループは女性ファンを多数獲得しているので、視聴率の貢献にも期待できます。

こうした理由から『今年売れたアーティスト』よりも、高齢層からの好感度が高いアーティストを優先的に選んだのではないかと考えています。

スポンサードリンク


まとめ

今回は、2015年の紅白歌合戦の出演者をどういう基準で選んだのかをNHKの目線で考えてみました。

ネット世代の若者が今年の出演者に疑問を持つ気持ちもわかりますが、窮地に追い込まれたNHKからしてみれば「普段、NHKを見てない若者になんて合わせていられない」と思っているのかもしれません。

今回の記事は、あくまでも筆者の推論に過ぎませんが、今年の紅白歌合戦がどんな結果を招くのかを、当日まで楽しみに待ちたいと思います。

【関連記事】

和田アキ子の紅白出場に対するコメントをまとめてみた【2015】

紅白歌合戦2015の出演・落選者に「なぜ?」「おかしい」の声

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ