【ミラクル9】久冨慶子アナ カワイイ笑顔の裏ではパン線やちら画像が人気だった

 

スポンサードリンク

 

テレビ朝日の人気番組『くりぃむクイズミラクル9』で進行アシスタントを務める、久冨慶子アナウンサー。

そんな久冨慶子アナは、笑顔がカワイイと評判の人気アナウンサーですが、ネット上では『パン線』や『ちら画像』などのワードで検索されている、ちょっとガードの甘い女性のようです。

そこで今回は、そんな久冨慶子アナにスポットを当て、プロフィールや彼氏との熱愛の噂、はたまた『パン線』や『ちら画像』の真相にも迫ってみたいと思います。

久冨慶子さんのプロフィール

久冨慶子 画像

出典:http://twitter.com/

久冨慶子(ひさとみ けいこ)
生年月日:1988年6月27日生まれ
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:160cm
体重:非公開
スリーサイズ:非公開(推定Cカップ)
職業:アナウンサー
勤務局:テレビ朝日

おっとりした見た目と性格で人気の久冨アナですが、中学と高校ではダンス部に所属しており、本人も「今まで一番長く続けたスポーツがダンスです」と語っています。

大学は青山学院大学へと進学し、1年生の時に出場した『ミス青山』では、なんと1位に選ばれます。

このグランプリがきっかけとなり、週刊ヤングジャンプのグラビアモデルとして活躍していた時期もあったようです。

その一方でアナウンサーの道も志しており、大学在学中からテレビ朝日の講座を受けていたといいます。

その後、2012年にはテレビ朝日へ入社し、人事部での研修を受けてアナウンス部に配属。

同年の7月に『速報!甲子園への道』でアナウンサーデビューを果たします。

こうして『ポータルANNニュース&スポーツ』や『やべっちFC』のキャスターからその人気に火がつき、一躍人気女子アナの座へと上り詰めたのでした。

久冨慶子アナと噂になった彼氏とは?

少し天然を感じさせるおっとりとしたキャラクターで人気となった久冨慶子アナにも、やはり熱愛が噂された彼氏がいたようです。

そのお相手とは、球界一のイケメン野手との呼び声も高いジャイアンツの坂本勇人選手。

坂本勇人 画像

出典:http://prcm.jp/album/

噂の発端は、久冨アナがとんねるずの番組へ出演した際、坂本選手へ熱い声援を送っていたことがきっかけのようです。

そんな久冨アナの声援を受けた坂本選手も、まんざらでもない様子であったことから「これは熱愛発展か?」という噂が持ち上がりました。

しかしこれは、あくまでも視聴者の期待が先走っただけの情報であったようで、その後もとくに2人の熱愛報道が持ち上がった痕跡はありません。

一部のまとめサイトが『久冨アナと坂本選手が熱愛』といったネタ記事を公開したこともあり、一部では小さな盛り上がりを見せたようでしたが、それもすぐに鎮火し、現在では完全なネタとして認知されているようです。

また久冨アナには、テレ朝入社前から付き合っている彼氏がいる、との噂もあるようです。

そのお相手は『都内在住の色黒エリート銀行マン』

しかし、こちらの情報も芸能誌などが報じた情報ではなく、真意のほどは不明です。

そんな久冨アナもそろそろ30歳を迎える歳ですので、突然の結婚報道などがあるかもしれませんね。

久冨慶子アナ『パン線』や『ちら画像』って何?

スポンサードリンク


ネットで「久冨慶子」と検索すると候補ワードに出てくるのが、この『パン線』や『ちら画像』

『ちら画像』はなんとなく想像がつきますが、『パン線』とはパンティラインのことで、どうやら久冨アナはたびたび『パンチラ』や『パンティのラインがくっきりと映ってしまうズボン』でテレビに出演してしまっている、ちょっとガードの甘い女子アナであるようです。

少し調べただけでも、ミニスカートから覗くちら画像がちらほら。

また『パン線』では、スポーティーな衣装に身を包むちょっとセクシーな久冨アナの画像を見ることができました。

こちらでご紹介することはできませんが、それではあなたの気が済まないと思いますの、最後にそちらの画像が掲載されているページのリンクを載せておきます。

【NAVERまとめ】久冨慶子アナ『パン線』や『ちら画像』はこちら

スポンサードリンク


【関連記事】

夏目三久の髪型を変えさせた『避妊具(コンドーム)事件』とは?

田中みな実 オリラジ藤森と破局後いいとこナシ『出演番組も2本打ち切り』

藤井弘輝だけじゃない フジテレビに“コネ”で入社した2世アナウンサー

プレバトでかわいいと評判の豊崎由里絵アナが さんまを怒らせた理由

美馬怜子アナ Eカップボディコンで武豊を悩殺?【水着画像もあり】

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ