氷結 最新CMの志村けんが『三味線を弾けた理由』フルVerの動画あり

 

スポンサードリンク

 

キリン氷結の最新CMで、見事な三味線の腕を披露した志村けんさん。

普段のイメージとの大きなギャップには、視聴者からも「カッコイイ」「渋い」と大好評のようです。

そこで今回は、志村さんが「なぜ三味線を弾けたのか」について、フルVerや過去の動画も交えながら、その理由をまとめてみました。

志村けんさんのプロフィール

志村けんさんの画像

出典:http://matome.naver.jp

志村けん(しむら けん)
本名:志村 康徳(しむら やすのり)
愛称:志村・シムケン・けんちゃん・ケン坊
生年月日:1950年2月20日
出身地:東京都東村山市
血液型:A型
身長:167cm
体重:65kg
職業:コメディアン・お笑いタレント・司会者
事務所:イザワオフィス所属

志村けんさんの出演している氷結の最新CM(フルバージョン)

先日公開されたキリン氷結の最新CMでは、東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ企画“第2弾”として、大御所お笑い芸人である志村けんさんが見事な三味線の腕を披露し、大きな話題を集めています。

氷結のCMといえば、今年のはじめには『さかなクン』が意外とも思えるサックス演奏を披露し、こちらも大好評を得ていました。

今回Web限定で公開されている氷結のスペシャルムービーでは、まず志村さん演じる『バカ殿様』が登場。

スタジオに迷い込んだバカ殿様は「なんだコレ?」と、そこに置かれた様々な楽器や機材に興味を持ち始めます。

すると突然「本番!」の声が掛かり、スタジオの照明がダウン。

キョトンとするバカ殿様を尻目に、照明が灯されたステージ上では、氷結のCMでおなじみとなったスカパラの演奏が始まり、そこには“紋付き袴”に身を包んだ志村さんが登場します。

そしてスカパラの前奏が一旦止み、ややスローなテンポで志村さんの三味線ソロが披露されると「ハッ!」の掛け声と共にスカパラと志村さんのコラボ演奏がはじまるという、観る者を魅了して止まない鳥肌ものの演出となっています。

ちなみに志村さんの隣で三味線を弾いているのは、日本が誇る津軽三味線奏者の一人である上妻宏光(あがつまひろみつ)さん。

この方こそが、志村さんに三味線の弾き方を指導をした立役者でもあります。

ノリの良いネオスカを基調とするスカパラの演奏と、日本古来の弦楽器である三味線とのコラボもさることながら、普段はふざけた調子の志村さんが真剣な眼差しで演奏をする姿には、多くの視聴者からも称賛の声が寄せられていました。

【関連記事】

さかなクンにまつわる『結婚』や『発達障害』のウワサ

スポンサードリンク


志村けんさんが三味線を弾けた理由とは?

志村けんさんの画像

出典:https://www.youtube.com/

最新の氷結のCMでは、スカパラの演奏と共に見事な三味線の腕を披露した志村けんさん。

現代の若者にとっての志村さんは『バカ殿様』や『志村動物園の園長』といったイメージから『大御所のお笑い芸人』としての側面が強いかもしれません。

しかし、もともとはコミックバンド『ザ・ドリフターズ』の一員として、楽器演奏をしていた人物でもあるのです。

また『ザ・ドリフターズ』にも「お笑いのコントグループ」というイメージがあるかと思いますが、1966年にはあの世界的に有名なイギリスのロックバンド『ビートルズ』の日本公演で前座を務めたこともある、歴とした音楽バンドです。

志村さんは1974年からドリフターズに正式加入しているため、ビートルズの前座には出ていませんが、コントの一部で披露されるバンド演奏ではキーボードやギターを担当していました。

その後、1970年代に入ってからは『8時だョ!全員集合』や『ドリフ大爆笑』といったテレビ番組が大ヒットし、バンドとしての活動は縮小していったため、次第に世間では「ドリフターズはお笑いのコントグループ」という認識が広まっていったのです。

ギターを弾く 志村けんさんの貴重な動画

こちらの動画は「コント」として公開されているものなので、楽器自体はほとんど演奏されていませんが、ザ・ドリフターズが歴とした音楽バンドであり、志村さんが楽器を弾けることも確認できる貴重な映像です。

【関連記事】

オリラジ “パーフェクトヒューマン” に「パクリじゃねーか」【MVあり】

2010年、志村さんはすでに上妻さんとコラボしていた

志村けんさんの画像

出典:http://www.cdjournal.com/

そんなギタリストとしての側面も持つ志村けんさんですが、三味線を始めたきっかけは、 志村さんのラジオ番組に三味線奏者の上妻さんがゲスト出演したことにあったといいます。

この番組で、上妻さんのオリジナル楽曲である『紙の舞』を聞いた志村さんは、同楽曲を大変気に入り、自身が座長を務める舞台で「ぜひ弾いてみたい」と思ったのだそうです。

その後、志村さんは上妻さんに三味線の指導を依頼し、二人三脚での三味線練習がはじまったといいます。

また、上妻さん曰く「志村さんは芸能を極めている方だからこその尋常ではない集中力と努力で、とても上達が早かった」とのこと。

こうして2010年には、上妻さんのソロ・デビュー10周年として開催された特別公演に志村さんが『演奏者』としてゲスト出演するなど、一部では大きな話題となりました。

ちなみに上妻さんが志村さんのラジオ番組に出演したのは、この公演から6年も前のことであるようで、現在の2人の付き合いは10年以上にもなるそうです。

氷結 最新CMの志村けんが“三味線を弾ける”理由(フルVer動画あり) まとめ

志村けんさんの画像

出典:https://www.youtube.com/

今回は、キリン氷結の最新CMで見事な三味線の腕前を披露し、話題となっている志村けんさんについてまとめてみました。

キリンのCMといえば、過去には晩年のいかりや長介さんも出演しており、大人な雰囲気でエレキベースを弾くいかりや長介さんの姿は、視聴者からも大反響を得ていました。

きっと天国の長さんも、自分と同じキリンのCMで志村さんが称賛されている姿を見て、喜んでくれているのではないでしょうか?

スポンサードリンク


【関連記事】

優香と志村けんの“怪しい関係”と結婚できなかった理由【画像あり】

加藤茶 全盛期のギャラは熱いが「ブログの中身は寒い」と話題に

au 最新CM 乙姫の未来の旦那は 浦ちゃんじゃなく“鬼ちゃん”だった?

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ