ホラン千秋に「嫌い」「残念ハーフ」と酷評が相次ぐ理由とは?

 

スポンサードリンク

 

知的なコメントの数々で「賢い部類のハーフ」との評価を受ける女優のホラン千秋さん。

しかしネット上では、そんなホラン千秋さんに「嫌い」「残念ハーフ」といった酷評が相次いでいるようです。

そこで今回は、ホラン千秋さんに集まる視聴者の「嫌い」コメントや酷評が集まる理由を探ってみました。

ホラン千秋さんのプロフィール

ホラン千秋さんの画像

出典:http://www.leihwagenankara.com/

ホラン 千秋(ホラン ちあき)
生年月日:1988年9月28日
出身地:東京都多摩市
血液型:A型
身長:160cm
体重:非公開
スリーサイズ:B86 W60 H89(Dカップ)
職業:女優・タレント
事務所:アミューズ所属
両親:父親/アイルランド人・母親/日本人

2005年『マジレンジャー』の悪役でテレビ女優デビュー

ホラン千秋さんのマジレンジャー画像

出典:http://laughy.jp/

ホラン千秋さんのテレビ女優としてのデビューは、意外にもテレビ朝日系列の特撮ドラマ『魔法戦隊マジレンジャー』での悪役。

またマジレンジャーが放送されていたのは2005年~2006年ということで、当時のホラン千秋さんは17歳の女子高校生でした。

現在でも一部のファンから語り草となっているホラン千秋さんの『マジレンジャーの悪役』には、演技だけでなく、独特な衣装や強烈なメイクのインパクトも話題になっているようです。

ホラン千秋さんに『ロングヘア時代』があった?

ホラン千秋さんのロングヘアの画像

出典:http://showbiz-info.com/・http://laughy.jp/

今でこそ『ベリーショート』のイメージで定着しているホラン千秋さんですが、実は数年前まで『ロングヘアの女優』として活動していました。

そんなロングヘア時代のホラン千秋さんは、水嶋ヒロさんと榮倉奈々さんのW主演が話題となった人気ドラマ『メイちゃんの執事』にも出演しているのですが、ネット上では「出てたっけ?」という意見も多く、気付いていた人は少なかったようです。

本ドラマは、最高視聴率16.6%を記録しているヒットドラマであるにもかかわらず、ホラン千秋さんが出演していたことを知らない人がほとんどで、一部では「髪型一つでここまで印象が変わる人は珍しい」としても話題になっています。

現在のホラン千秋さんがショートカットにこだわる理由

ホラン千秋さんの女優としてのテレビデビューは、前述の17歳のときに出演した『魔法戦隊マジレンジャー』ですが、実は12歳のころから舞台女優としてデビューしており、芸歴は実に『15年』というベテランの女優でもあるのです。

しかしマジレンジャーでテレビ女優としてのデビューを果たした後も、仕事は年に一本と全く振るわず、さらには端役ばかりであったことから、世間での認知度は皆無という冬の時代を長く過ごしていたようです。

そんな中、ホラン千秋さんに転機が訪れたのは2011年に出演したドラマ『陽はまた昇る』

このドラマで“小宮山チカ役”を演じるため、長かった髪をバッサリ切ってベリーショートにしたところ、それ以降は嘘のようにオファーが殺到したといいます。

こうして年に1本というドラマオファーが、年に2本、3本と増え続け、さらには映画やバラエティー番組からも声がかかるようになりました。

そのためホラン千秋さんは、昔のように仕事が減ってしまうことを恐れて「髪を伸ばせなくなった」そうです。

自称、私生活が地味な『干物女』

ホラン千秋さんの画像

出典:http://topicks.jp

アイルランド人の父親と日本人の母親の間に産まれたハーフタレントのホラン千秋さん。

女性ハーフタレントといえば、ローラさんやダレノガレ朋美さんなど、どちらかといえば派手でゴージャスなイメージのタレントさんが多いように感じます。

しかしホラン千秋さんは、自身を『干物女』と例えるほど、その私生活は地味で雑なようです。

現在27歳になるホラン千秋さんは、未だ実家暮らし。

さらにはその理由も「将来に向けて貯金したい」といったポジティブなものではなく、単純に「片付けが面倒臭いから」であるとか。

さらには休みの日もめったに外出することはなく、起きてからダイニングに行き冷蔵庫から食べ物を取りだした後は、一日中DVDを観たりやマンガを読んで過ごすのだといいます。

確かになかなかの干物っぷり…せっかく美人でハーフの女性として生まれたのに、これではあまりにも残念すぎます。

スポンサードリンク


ネット上では「嫌い」「残念ハーフ」と酷評相次ぐ

そんな干物女っぷりを公言したことで「ギャップに萌えた」という男性ファンからは好評であったものの、同性である女性陣からは酷評を受ける結果となってしまったようです。

ホラン千秋さんに対するネット上のコメント
敬語使ってるだけで、頭良さそうに見える分得してる

ホラン千秋さんに対するネット上のコメント
ホラン千秋消えてくんないかなー。勘違い女は嫌い。

ホラン千秋さんに対するネット上のコメント
ホラン千秋嫌い。可愛くないしズバッというキャラクターとか言うけど、ただ性格悪いだけじゃん。ズバッと言ってるのとは違う

ホラン千秋さんに対するネット上のコメント
どう見てもウェンツww

ホラン千秋さんに対するネット上のコメント
残念ハーフw

ホラン千秋さんに対するネット上のコメント
ホラン千秋の「ワタシは顔だけの女じゃなくて自分の力で人生を切り開いてきました」感を全面に出すスタンス嫌い

ホラン千秋さんに対するネット上のコメント
その上から目線が嫌いなんだよ。

もちろんこうしたネット上のコメントが、すべて女性のものであるのかはわかりませんが、ハーフ特有の『端正な顔立ち』と『頭の回転の速さ』が、まるで隙がない完璧な女性然として映るため、同性からはどこか鼻についてしまうのかもしれません。

また最近のホラン千秋さんは、バラエティー番組などで『毒舌路線』を切り開こうとしている節があり、この急な路線変更も酷評が集まるようになってしまった原因となっているようです。

ホラン千秋「嫌い」「残念ハーフ」酷評が相次ぐ理由とは? まとめ

ホラン千秋さんの画像

出典:http://www.geinoujingazoukan.com

今回は、ホラン千秋さんに集まる「嫌い」「残念ハーフ」といった酷評が相次ぐ理由や、過去の活動についてまとめました。

確かに今のテレビ業界は「ハーフなら誰でも芸能人になれるのでは?」と思ってしまうほどに、芸能界がハーフタレントで溢れかえっています。

しかし逆をいえば、一つの番組に対してのハーフタレントの競争率は、以前よりも高くなっているわけです。

果たしてホラン千秋さんは、今後もこの熾烈な『ハーフポジション争い』に勝ち抜くことができるのか?ファンならずとも要注目です。

スポンサードリンク


【関連記事】

天下の木村拓哉も今や裏切り者『最低、嫌い』とファン離れが深刻に

子役・寺田心くんに「嫌い」「きもい」「あざとい」の声多数『なぜ?』【動画あり】

「misono嫌い」世間がイラつく理由と『旅ずきん』での失礼な発言や言い訳

森三中の大島美幸が出産後から嫌われはじめた3つの理由

加藤紗里 「痩せすぎで怖い」「嘘つき」ロンハー出演で嫌われ炎上中

ウーマンラッシュアワー村本が嫌いな人達のコメントを集めてみた

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ