[最新版] ヒカキン 日本一のYoutuberの年収も世界一と比べるとまだまだだった

 

スポンサードリンク

 

名実ともに日本一のユーチューバーとして有名なヒカキンさん。

ヒカキンさんのメインチャンネルである『HikakinTV』は毎日19:00に更新されており、体を張った面白企画で視聴者を楽しませてくれています。

しかしそんな日本一の年収を誇ると噂のヒカキンさんも、世界一のユーチューバーの年収と比べるとまだまだのようです。

そこで今回は、フォーブス誌が報じた『世界で最も稼ぐユーチューバー』のデータをもとに、ヒカキンさんの年収と世界のユーチューバーの年収を比較してみました。

HIKAKINさんのプロフィール

HIKAKIN 画像

出典:https://twitter.com/hikakin/

HIKAKIN(ヒカキン)
本名:開発 光(かいはつ ひかる)
生年月日:1989年4月21日生まれ
出身地:新潟県妙高市
血液型:O型
身長:174cm
体重:66kg
職業:ユーチューバー
株式会社uuum 会社執行役員

現在のヒカキンさんのイメージにはつながりにくいものの、幼少期には兄のセイキンさんと共に、スキージャンプの選手を志していました。

また現在の通り名である『HIKAKIN』は、スキージャンプを習っていた頃の先輩がつけたあだ名が元となっているそうです。

小学生になると、当時の人気テレビ番組『力の限りゴーゴゴー!!』のワンコーナーであった『ハモネプ』の影響を受けて、ヒューマンビートボックスを始めます。

その後、中学2年のときに見たコピー機CMのビートボックスパフォーマンスに強い衝撃を受け、今までは遊びの範疇であったヒューマンビートボックスを真剣に勉強するようになりました。

高校生になる頃には、路上でライブ活動を行うかたわら、この頃から少しずつYoutubeに動画をアップロードするようになります。

高校卒業後には単身上京し、住み込みでスーパーの店員の仕事をしながら、時間を見つけてはYoutubeに動画を上げるという、新しくも多忙な生活をスタートさせました。

そんなおり、スーパーマリオブラザーズのBGMをヒューマンビートボックスで奏でた動画がアメリカのYahooニュースで紹介され、一夜にして、その再生数は20万回を超えます。

その後もマリオビート動画の再生数は伸び続け、2週間後には200万再生を記録しました。

この動画の成功から、当時の日本人では珍しかったYoutubeのパートナーシップにも選ばれ、本格的にユーチューバーとしての活動を始めることになります。

その後は、ヒューマンビートボックの動画と共に世の中の新商品をレビューする動画などを毎日公開し続け、2011年の12月。

ついにヒカキンさんのメインチャンネルである『HikakinTV』の登録者数が日本一となったのです。

こうして翌年の2012年1月には勤めていた会社を退職し、晴れて専業ユーチューバーとしての『HIKAKIN』が誕生したのでした。

【最新版】ヒカキンさんの現在の年収は?

スポンサードリンク


現在のヒカキンさんは、Youtubeでの広告収入の他に、企業タイアップやイベントでの収入、また書籍の印税やuuum執行役員としての給料など、その収入源は多岐に渡っています。

これらの総収入額や年収については、ヒカキンさん自身も明確な金額は公表しておらず、あくまでも予測の域を出ませんが、今回TimeChannelでは、そんな気になるヒカキンさんの年収を様々なデータを元に算出してみました。

■Youtubeからの広告収入・・・・7300万円(再生数から逆算)

■企業タイアップ収入・・・・・・800万円(一般的な広告費から算出)

■uuumの役員報酬・・・・・・・400万円(日本の役員報酬の平均額から算出)

■書籍の印税・・・・・・・・・・200万円(平均的な印税率で算出)

■メディア出演のギャラ・・・・・200万円(一般的な芸能人のギャラから算出)

■その他・・・・・・・・・・・・120万円(アフィリエイトやアプリからの収入など)

■ヒカキンさんの年収予想額・・・9020万円

 

全盛期には1億円を超えていたとされる年収も、現在のヒカキンさんは『9020万円』という金額となりました。

あくまでも予想年収額ではありますが、あながち的外れな金額でもないのでは?

世界のユーチューバーを見てみると・・?

そんな日本一のユーチューバーを誇るヒカキンさんも、やはり世界のユーチューバーと比べるとまだまだのようです。

そこで今月、世界有数の経済誌である『フォーブス』が報じた『世界で最も稼ぐユーチューバー』の年収をご覧ください。

【世界1位】ピューディパイ/PewDiePie 年収: 1200万ドル(約14億円)

ピューディパイ 画像

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/

主にホラー系やアクションゲームのプレイ動画を投稿する、スウェーデン人のユーチューバー(25歳)

チャンネル登録者数は4000万を超え、ゲーム業界にも多大な影響力を持つゲームコメンテーターとしての一面も持ち合わせています。

またヒカキンさんとは違い、大のメディア嫌いでもあるようで、インタビューの依頼すらめったに受けない変わり者であることでも知られています。

【世界2位】スモッシュ/Smosh 年収:850万ドル(約10億円)

ピューディパイ 画像

出典:http://www.youtube.com/

スモッシュは、子供の頃から友人同士であるという、アメリカ出身の2人組ユーチューバー。

過去には『ポケモン』のミュージックビデオをYoutubeに投稿したことで高い人気を博しますが、現在この動画は削除されている模様です(著作権の問題?)

ちなみにこのポケモン動画の再生数は、削除前で2400万回を超えていました。

またスモッシュは2人とも親日家であり、日本のカルチャーや日本人についても、度々動画のテーマとして取り上げています。

【世界3位】ファインブラザース/Fine Brothers 年収:850万ドル(約10億円)

ピューディパイ 画像

出典:http://www.mobercial.com/

ファインブラザースは、世界中で注目を集めるオンラインプロデューサーで、Youtubeのチャンネル登録者数は1000万人以上。

このチャンネルでは、世界のミュージックビデオやアニメなどの話題作を子供やお年寄りに見せて、その反応を伺うという動画が人気を博しており、この実験データは心理学者も注目するなど、多方面へ影響を持ったチャンネルとしても知られているようです。

また2012年には、デイタイム・エミー賞でベスト・バイラル動画賞を獲得したことも大きな話題となりました。

ヒカキンさんと世界のユーチューバーの年収比較 まとめ

ピューディパイ 画像

出典:http://ameblo.jp/hikakin/

いかがだったでしょうか?

日本で大人気のヒカキンさんの年収も、十分にすごい金額ではあるのですが、世界のユーチューバーともなるとその桁が一つ違いましたね。

そして、これほどまでに『ユーチューバー』という新時代の職業には大きな夢があることもわかりました。

ヒカキンさんは今後、さらなるヒットを飛ばし世界ランクに載ることができるのか?

はたまた今後の日本で、ヒカキンさんを超えるユーチューバーは現れるのか?

もしかすると、今この記事を見ている小学生が、数年後のポストヒカキンと呼ばれるようになっているのかもしれませんね。

スポンサードリンク


最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ