フジテレビに続きTBSでも「やらせ番組」を作った制作会社とは?

 

スポンサードリンク

 

今月19日に放送されたTBSのピラミッドダービーで、出演者自らがブログで「やらせ」があったことを暴露し波紋を広げています。

またTBSのピラミッドダービーは、かつて“やらせ問題”で打ち切りとなった「ほこ×たて」と同じ系列の制作会社が手がけていたことも発覚し、物議を醸しているようです。

TBS『ピラミッド・ダービー』のやらせとは?

TBS「ピラミッド・ダービー」の画像

出典:http://geinoublogmatome.seesaa.net/

今回、“やらせ”の告発があったのは、TBSの人気バラエティ番組『ピラミッド・ダービー』。

同番組は、様々なジャンルのプロたちが“一風変わったルール”で対決をするというトーナメント方式の番組です。

この中で、先日19日に放送された“入れ替わった双子を見極めるコーナー”に出演した顔相鑑定士の池袋絵意知さんは、元刑事の小川泰平さんやお笑い芸人の藤本敦史さん、さらにはメンタリストのDaiGoさんらと共に「瓜二つの双子を判別できるか?」というお題に挑戦しました。

放送上での池袋さんは「3回戦の脱落者」とされており、その後は画面上からも消えてしまいますが、実際の収録では4回戦目まで残っていたといいます。

その後、オンエアを見た池袋さんは、番組制作側の意図的な編集に憤慨。

自身のブログを通し「放送用に順番もルールも変えて、CGで私を消して私が3回戦で脱落したように作り変えている」と暴露しました。

また池袋さんは、こうした編集はただの“やらせ”ではなく「マスメディアによる虐待(モラルハラスメント)です」と厳しく追及。

この問題に関しては、法的措置も辞さない姿勢を見せています。

フジテレビ『ほこ×たて』では、“やらせ”で動物虐待も

フジテレビ「ほこ×たて」の画像

出典:http://getnews.jp/

こうしたテレビ番組の“やらせ問題”は、一般人の出演者や内部関係者の告発で明るみになることも多く、たびたび炎上する騒ぎとなっています。

そんな中、ここ数年で特に大きな話題となったのが、2013年に『動物虐待』と『やらせ問題』がきっかけで打ち切りとなったフジテレビの『ほこ×たて』です。

『ほこ×たて』のやらせを告発したのは、RCカー世界チャンピオンの広坂正美さん。

広坂さんは「ラジコン界では知らない人はいない」というほどの有名人で、打ち切りになる前の『ほこ×たて』には、計4回出演していました。

この中で広坂さんは、2時間SPとして放送された『スナイパー軍団 VS ラジコン軍団』の回に、番組制作側による意図的な“やらせ”があったことを告発。

この回では、女性スナイパーがルールを無視してラジコンを破壊してしまうというトラブルに見舞われるも、オンエア上では「ラジコン軍団側の負け」と放送されたことがきっかけとなりました。

放送直前に、制作会社の担当者より事実とはあまりに掛け離れた編集内容を聞かされた広坂さんは「反則した相手が負けになるのであればまだ納得できますが、もしこの内容で放送された際には、事実を発表します」と忠告。

しかし広坂さんの進言は無視され、番組は担当者から告げられた内容そのままで放送されたために、ブログでの告発に至ったといいます。

さらに広坂さんは、以前に放送されていた『VS鷹』『VS猿』の回についても、撮影現場ではオンエア上とは異なる事実があったことも暴露。

中でも『VS猿』の回は酷く、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうために「釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしていた」という、どんでもない動物虐待の事実が明るみとなりました。

この広坂さんの告発から5日後、フジテレビ側は動物虐待の事実があったことを認め謝罪。

その後『ほこ×たて』は、ラジコンVSスナイパーの回を最後に打ち切りとなりました。

【関連記事】

27時間テレビでフジテレビがやらかした『放送事故級の6つの失態』まとめ

めちゃイケ “三中元克 (三ちゃん) のクビ” はやっぱり『ヤラセ』だった

スポンサードリンク


TBSもフジテレビも「やらせ番組を作った製作会社」は同じ系列の会社だった?

制作会社 厨子王の画像

出典:http://zushio.co.jp

こうした相次ぐテレビ番組の“やらせ問題”が浮き彫りとなる中、今回のTBSピラミッドダービーのやらせ発覚では、もうひとつの重大な事実も明るみとなりました。

それは、TBSピラミッド・ダービーの制作と企画を担当した会社『Zプラス』は、かつてやらせが発端で打ち切りとなった『ほこ×たて』の制作会社『厨子王』の同系列会社だったのです。

また制作会社 厨子王は、他にも『情報番組 スッキリ!!』や『ザ!世界仰天ニュース』などを手がけているため、現在はこうした他の番組にも“やらせ”による疑いの目が向けられています。

また『ほこ×たて』での失敗を省みず、同じやり口を繰り返す製作会社には、視聴者からも怒りや呆れの声が寄せられています。

やらせ番組を制作した会社に対するネット上の意見
これ番組吹っ飛ぶレベルのヤツでは?ほこたてに何を学んだんだ

やらせ番組を制作した会社に対するネット上の意見
「ほこたて」の制作会社が、まぁたやらかしたんだとさ。懲りない…ってか学習しないね

やらせ番組を制作した会社に対するネット上の意見
制作会社 厨子王が『ほこたて』に続き『ピラミッドダービー』でもやらせを行ったことが発覚。やっぱりマスゴミは関連会社も揃ってゴミしかないな

やらせ番組を制作した会社に対するネット上の意見
ほこたてすきだったからなぁ…あの時もショックだったのに…。製作スタッフさんおバカなの? 前もほこたてで失敗したのにまたやらせww

やらせ番組を制作した会社に対するネット上の意見
専門家を出すことの影響を考えないからこうなる。脱落させられたら商売に影響が出るだろうと言うことに想像力が及ばないんだなあと。製作側の傲慢さがもろに出た感じ。この番組も打ち切りでお茶を濁すのかなと。体質が変わってないのにね。

やらせ番組を制作した会社に対するネット上の意見
「ほこたて」から何も学んでねえんだな、マスコミは。局が違えば関係ねえ、と。

やらせ番組を制作した会社に対するネット上の意見
ピラミッドダービーでやらでとかまじかよ。本当っぽいから打ち切りにでもなってしまうのかな。制作会社はほこたてと一緒とか、ふざけんなよ!!!!!!!!

また、こうした“やらせ番組に対しての怒りの矛先”は、制作や企画を担当した番組制作会社だけではなく、テレビ局側にも向けられているようです。

現場の撮影方法や制作会社の編集に対し、最終的なオンエアの判断を下すのはテレビ局側であるため『ほこ×たて』にしろ『ピラミッド・ダービー』にしろ、その責任の多くはテレビ局側にあります。

また、かつて打ち切りとなった『ほこ×たて』も、深夜で放送されていた当時は「ガチンコ対決感が面白い」と好評でしたが、ゴールデンへの移行に伴いネタが尽きたのか「対決の方向性がどんどんおかしくなっていった」という指摘もありました。

そのため視聴者の間には「“やらせ”を強要・黙認しているのはテレビ局」という考えが根本にあるようです。

フジテレビに続きTBSでも「やらせ番組」を作った制作会社とは? まとめ

フジテレビとTBSの画像

出典:http://www.tbs.co.jp/・http://unide.org/

今回は、フジテレビに続きTBSの番組でも発覚した“やらせ番組”について、視聴者のコメントと共に詳細をまとめてみました。

ここ数年はSNSの普及により、視聴者からの「やらせ番組」への厳しい指摘も増えてきています。

また一部の視聴者は『テレビ局には、今の情報時代を理解していない“老害”が大きな権力を持っているから仕方ない』という見方をしている人もいるようで、テレビ局内部の古い体制を指摘する声も聞かれました。

果たして次はどんなテレビ番組のやらせが飛び出すのか、はたまたこれに懲りて、今後はやらせ番組が減っていくのか?

もしこれからも減らないようであれば、せめてどこか笑ってしまうようなユーモアのあるやらせ番組を期待したいところです。

スポンサードリンク


【関連記事】

鉄腕ダッシュの『やらせ』が 視聴者に許される理由

フジテレビ 視聴率低迷の原因は「底の浅い捏造」と「悪意ある編集」

最近のテレビが「つまらない」といわれる5つの原因

【最新】めちゃイケの視聴率がどんどん低下した4つの理由

【27時間テレビ2016】SMAPファンの期待と中居くん司会への不安

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ