金スマのベッキー復帰に、視聴者センターへ「不快」とクレーム多数

 

スポンサードリンク

 

ベッキーさんの復帰により“24%”という高視聴率を記録したといわれている、今月13日放送の『金スマ』

その一方で、番組放送直後から視聴者センターには「不快」「中居君に尻拭いをさせるな」といったクレームが相次いでいたようです。

そこで今回は、金スマでのベッキーさんの復帰に集まった視聴者の声をまとめてみました。

ベッキー復帰回の金スマ視聴率は『24.0%』

ベッキーさん復帰回の金スマの画像

出典:https://www.youtube.com

“持ち前の明るさ”や“純情さ”で多くの視聴者からの好感を得ていたベッキーさんの不倫スキャンダルは、世の多くの人たちに衝撃を与え、芸能界の中でも『ベッキー擁護派 vs 批判派』の対立が起こるなど、非常に大きな騒ぎとなりました。

最近では、雨上がり決死隊の宮迫博之さんとオリラジ中田さんのバトルにも注目が集まるなど、未だに世間を騒がせています。

そんな中、当事者であるベッキーさんは、今月の13日にSMAPの中居正広さんがMCを務める『金スマ』で、およそ3ヶ月ぶりとなるテレビ復帰を果たし、再び世間からの注目を集めました。

ゲスの極み・川谷さんとの不倫の発覚から『休業 → 復帰』に至るまで、何度も世間を騒がせただけに、今回の金スマの『ベッキー復帰回』は多くの人からの注目を集めていたようで、その視聴率はなんと『24%』という高視聴率を記録。

これは、今年に放送された全番組の視聴率の中でも“第7位(タイ)”という高記録なのですが、メディアによると「この結果にテレビ局側は納得がいっていない」といいます。

というのも、今年の1月にフジテレビで放送された『SMAP×SMAP』のSMAPメンバー謝罪会見の視聴率は『31.2%』

この数字を元に、TBSの局員はベッキーさんの謝罪が放送される回も「30%は堅い」と踏んでいたそうです。

ところが蓋を開けてみれば、その視聴率は高視聴率の基準となる25%にも届かない『24.0%』

この不甲斐ない結果には、多くのTBSスタッフが肩を落としたといいます。

そんな今回の『金スマ』のベッキーさんの謝罪回が、思いのほか視聴率が伸びなかった原因といわれているのが“番組の構成”です 。

13日の金スマでは、視聴者の誰もが「ベッキーの謝罪する姿」と「何を語るのか」に高い期待が寄せられていました。

ところが番組の大半は、ベッキーさんの不倫騒動とは全く無関係のロケ企画。

その後、本格的に中居さんとベッキーさんの対談が始まったのは、およそ番組終了の20分前という遅い時間であったのです。

番組の放送中にも、SNSなどには「さっさとベッキーを出せ」といった声が寄せられていたように、どうやら番組製作サイドが対談までの時間を引っ張りすぎたせいで、前半の茶番にウンザリした視聴者が“チャンネルを変えてしまった”ようです。

また単純に「いまさら白々しい謝罪をするベッキーなんて見たくない」という声も多く、これらがTBS側の望む視聴率に届かなかった原因であると考えられています。

「不快」「もう見ない」視聴者センターに寄せられたクレームとは?

ベッキーさんの画像

出典:http://dot.asahi.com/

様々なテレビ局側の思惑が渦巻く中、一応は念願であったテレビ復帰を果たすことができたベッキーさん。

対談では、中居正広さんによる見事な言葉選びとベッキーさんの涙する姿に、一部からは「もう許してやってもいいんじゃないか?」といった同情意見も聞かれるようになってきました。

しかし、一度無くした信用はそう簡単に回復できるものではなかったようで、金スマの放送直前から『13日の放送でベッキー復帰の収録VTRが流れる』という情報が出た途端、局の視聴者センターには抗議の電話が相次いでいたようです。

また番組放送後も「ベッキーの尻拭いを中居くんにさせないで」「大好きな金スマを汚さないでほしい」「不倫は既婚者の敵。ベッキーが出るなら見ないです」といったクレームが殺到していたといいます。

視聴者のほとんどを主婦層が占める金スマにとって、不倫でひとつの家庭を壊したベッキーさんを復帰させることは、かなりの賭け。

また中居正広さんのファンからすれば、ベッキーさんの復帰のせいで“金スマ自体の印象”も悪くなってしまう可能性があるために、こうしたクレームが殺到したのではないかといわれています。

【関連記事】

【しくじり先生】神回になりそうな出演者TOP20【ベッキー・能年玲奈・矢口真里】

ネット上では『ベッキーさんの復帰を反対する組織』も誕生?

ベッキーさんの画像

出典:http://toyokeizai.net/

こうしてベッキーさん復帰の舞台を用意したTBSに多くのクレームが集まる中、局側が最も恐れているのは『組織的』なクレーマーの存在であるといいます。

これは、一つの問題に対して同様の意見を持つ複数の人が手を組み、時間差で抗議電話を繰り返し入れるなどをしてクレームの総数を増やすというもの。

今回の件でいえば「番組は好きだけどベッキーは見たくない」「ベッキーをクビにしないなら、もう見ない」といった内容を、怒り任せではなく、冷静に懇々と伝えるクレームが多かったといわれています。

これに対し、テレビ局側は“同じ人からのクレーム”が繰り返し寄せられたとしても、全てのクレームを『個別の案件』として処理せねばならず、最悪、スポンサー離れを恐れる上層部によって「視聴者の言いなりになってしまう」可能性もあるといいます。

ベッキーさんの復帰に対する一般視聴者の意見は?

金スマの中居正広さんとベッキーさんの画像

出典:https://www.youtube.com/

ベッキーさんの復帰に対する視聴者の意見
ベッキーもうダメだろう。芸能復帰は難しい。元奥さんは立派な被害者だよ。加害者はもう出しゃばらずに隠居して第二の人生歩みなよ

ベッキーさんの復帰に対する視聴者の意見
ま、ベッキーの金スマの謝罪はあくまでTVショーだからなぁ、会見するべきだったね。

ベッキーさんの復帰に対する視聴者の意見
ベッキーのファンでも何でもないので、彼女が芸能界から去ろうが復帰しようがどうでもいい

ベッキーさんの復帰に対する視聴者の意見
事務所が違約金を返す事ばかりを優先して復帰させるからこうなるんだよね。結局は金の事ばかりで被害者の気持ちなんて考えてない。この件はベッキー本人より事務所の対応が悪すぎるって話だよね。

ベッキーさんの復帰に対する視聴者の意見
日テレが怒ってるとかテレ東が怒ってるとか奥さんが怒ってるとか…もうボロボロやないか。視聴率は高くともベッキーとサンミュージックには汚点しか残らなかった。

ベッキーさんの復帰に対する視聴者の意見
どんなにベッキーが涙浮かべて謝罪の言葉を述べたところで視聴者は「どうせ裏で視聴者なんてチョロイと舌出してるんだろ」と当然思うからね。

スポンサードリンク


ベッキーさん 7月に向けての本格復帰は“絶望的”か?

ベッキーさんの画像

出典:http://news.livedoor.com/

13日放送の金スマを皮切りに、7月には本格的な復帰を目指していたというベッキーさん。

ところが業界内では「金スマへの出演が原因で、本格復帰は絶望的になった」といわれてしまっているようです。

メディア情報によると、ベッキーさんは休業中も復帰に向け、各局でレギュラーを務めていた番組スタッフに“お忍び”で『お詫び』に回っていたといいます。

もちろんどの局も『ベッキー復帰の1発目となる放送』が数字を取れることは分かりきっていたため「ぜひウチの局でやりたい」と考えるテレビ局も多く、互いが互いを牽制しあうような状態であったと報じられていました。

ところがベッキーさんとサンミュージックは『お詫び』に回った他のレギュラー番組に何の断りもなく、突然『金スマでの復帰』を決定。

これにより、一番おいしい所を独り占めされた他局は、ベッキーさんとTBSに激怒しているといいます。

そのため、今となっては「数字も取れない可能性がでてきた」上に、起用すれば多数のクレームが寄せられることが予測されるベッキーさんを各局が煙たがるようになり「7月に向けた本格復帰は絶望的になった」といわれてしまっているようです。

金スマのベッキー復帰に、視聴者センターへ「不快」とクレーム多数 まとめ

ベッキーさんの画像

出典:http://otowota.com/・http://www.truth-human.com/

今回は、13日放送の金スマに寄せられた、ベッキーさんの芸能界復帰に対するクレームの声や、今後の本格復帰の可能性についてまとめてみました。

世間の信用を失い、業界関係者からも煙たがられるようになってしまった今、ベッキーさんはここまで復帰を急ぐ必要はあったのかと疑問に思うばかりです。

スポンサードリンク


【関連記事】

「ベッキー終了」復帰ありきの金スマ収録にゲス川谷の元嫁がブチ切れ

金スマの反響『ベッキー復帰への苦情』と『中居くんへの賛美』

「ベッキーの復帰は無理」週刊文春に手紙を書いた“本当の狙い”とは?

宮迫博之 ベッキー擁護とオリラジ中田批判に反論コメントが殺到中

ベッキー・酒井法子・岡田有希子「サンミュージックは呪われている」

ゲスの極み乙女 川谷絵音に下された『3つの天罰』まとめ

川谷絵音はブサイク「ゲスでも付き合えるなら俺でもベッキーいけるわ」

【ゲスの極み乙女 川谷】ライブ後のTwitterシカトに「最低」の声

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ