美人議員『塩村あやか』恋のからさわぎ騒動では「かわいい」と「嫌い」の声

 

スポンサードリンク

 

『平成教育委員会2015 SP』にも登場し「美しすぎる議員」として話題となっている塩村あやかさん。

そんな塩村あやかさんは、議員になる前に『恋のからさわぎ(日テレ)』へ出演しており、そこでの「失言」とも受け取れる発言の数々が度々ネット上で騒動となり「かわいい」との声もある一方「嫌い」「うざい」といった批判的な意見も数多くあったようです。

そこで今回は、そんな『からさわぎ騒動』の頃の塩村あやかさんの発言の数々を、改めて掘り起こしてみたいと思います。

塩村あやかさんのプロフィール

塩村あやか 画像

出典:http://www.youtube.com/

塩村 あやか(しおむら あやか)
本名:塩村 文夏(しおむら あやか)
職業:東京都議会議員(2015年9月現在)
元・グラビアアイドル、エッセイスト・放送作家
出身地:広島県福山市
生年月日:1978年7月6日生まれ
血液型:AB型

岡山の就実高等学校に通っていた頃、スポーツ用品で知られる『アルペン』のイメージガールコンテストで準グランプリを獲得し、翌年には『第8回ニューカレドニアプリンセス』で審査員特別賞を受賞するなど、その後のグラビアアイドルとしての地盤を固めていきます。

その後、高校を卒業したのちに上京して共立女子短期大学へと進み、大学在学中には『ミスヤングマガジン』『スコラ』『ヤングジャンプ』といった全国区の雑誌にグラビアアイドルとして数多く登場し、世間にその名を知られるようになっていきます。

2001年には、これらのグラビア活動を一時休止してオーストラリアへ語学留学。またこの頃はフライトアテンダントとして働いていたこともあったようです。

2007年からは芸能活動に復帰し、当時の大人気番組であった『恋のから騒ぎ』の14期生として番組に出演し、MVPも獲得したことから、改めて世間の注目を浴びるようになります。

恋のから騒ぎ終了後は日本テレビの放送作家を務めるなどマルチな才能を発揮し、裏方業での活躍がメインとなっていきました。

2012年には維新政治塾の塾生となり、翌年『みんなの党』へ入党。世田谷区から東京都議会議員選挙へ出馬し、見事初当選を果たしたのでした。

塩村あやかさん『恋のからさわぎ』での失言の数々

塩村あやか 画像

出典:http://xn--vekw70ybyi.com/

そんな塩村あやかさんは、2015年3月の東京都議会へ出席した際、自民党の鈴木議員から「結婚したほうがいいんじゃないのか!」「(子供を)産めないのか!」といったセクハラ野次を飛ばされ、鈴木議員が謝罪する事態に発展するという騒動が大きな話題となりました。

しかしこのときは、セクハラ野次の『被害者』としてだけではなく、過去に自身が出演していた『恋のからさわぎ』での発言の数々も話題となっていたのです。

そんな『からさわぎでの失言』とは、塩村さんが番組内で今までの男性遍歴を語った際「男とはタダでは別れない」と過去に付き合った男性から慰謝料を貰っていたことを告白。

さらには、その慰謝料は最大で1500万円と高額であったため、ゲスト出演していた歌手の泉谷しげるさんんからは「お前詐欺師だな」と言われてしまう始末。

スポンサードリンク


また「交際していた男性に、妊娠したと嘘をついたこともある」とも語り、これにはMCの明石家さんまさんも絶句するというシーンが、改めて掘り起こされるという事態となったのです。

こうした過去を知った世間の人々は「これならセクハラ野次を飛ばされても仕方ない」「お前も昔は同じようなことしてるじゃないか」「普通に嫌い」といった反応を示し、事態は別の方向へと広がってしまったのです。

こうした世間の声には、塩村あやかさん自身も「当時は放送作家になるために、必要以上に話を膨らましていた部分もあり、今では大変軽率だったと反省しています」と語っていました。

一部では「かわいいから許す」「美人議員だからね」といった擁護派の意見もある中で『アイドル議員』という蔑称もささやかれる塩村あやかさん。

今後は、どんな活躍ぶりを見せてくれるのでしょうか?

スポンサードリンク


最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ