キングコング梶原 嫁・未来子へ課した『束縛7ヶ条』がマジキチすぎる

 

スポンサードリンク

 

かつては「ナイナイ岡村の再来」ともいわれ、注目を集めていたキングコングの梶原雄太さん。

明るく元気なイメージのある梶原さんですが、実は嫁に対して異常な執着心をもっており、その束縛ぶりは「マジキチすぎる」「病的」ともいわれているようです。

そこで今回は、世間がドン引きした梶原さんの『嫁に課した束縛7ヶ条』をまとめてみました。

梶原雄太さんのプロフィール

梶原雄太さんの画像

出典:http://matome.naver.jp/

梶原 雄太(かじわら ゆうた)
生年月日:1980年8月7日
出身地:大阪府大阪市
血液型:B型
身長:163cm
体重:48kg
職業:お笑い芸人
コンビ名:キングコング(ボケ担当)
相方:西野亮廣(にしの あきひろ)
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

2001年4月から始まったバラエティー番組『はねるのトびら』でレギュラーメンバーとして大活躍し、若者を中心に絶大なる支持を集めていたキングコング梶原雄太さん。

しかし『はねトび』は、わずか1年で放送を終了してしまったうえに、梶原さんの実母が『生活保護の不正受給』をしていたことが発覚。

そのため、世間からのイメージが急落した梶原さんは、その後しばらくの間テレビから姿を消してしまいました。

この失踪中に出会った女性と結婚した梶原さんでしたが、わずか1年のうちに自身の浮気が原因で離婚。

その後、徐々にテレビ復帰を果たしつつあった2006年の春に、梶原さんが一目惚れしたという現在の嫁・未来子さんとの交際をスタートさせました。

そんな梶原さんと未来子さんは、翌年6月に婚姻届を提出し、同年10月には第一子となる長男が誕生。

こうして2009年7月に第二子となる女児、2012年9月に第三子の男児が生まれ、2015年9月には第四子の妊娠も報告されていました。

【関連記事】

【最新】めちゃイケの視聴率がどんどん低下した4つの理由

梶原さんが課した 嫁・未来子さんへの『束縛7ヶ条』

梶原雄太さんと嫁さんの画像

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

梶原さんの嫁となった未来子さんは、元読者モデルという経歴を持つかなりの美人。

また交際に至った経緯も、梶原さんからの猛アプローチであったそうで、4人の子供を持つようになった現在でも奥さんにベタ惚れなのだとか。

しかし梶原さんの愛情は常軌を逸しており、これまでテレビ番組内で語られた“奥さんへの束縛度合い”は、世間からも「病的」「ストーカーレベル」「マジキチすぎる」と大批判を集めました。

そこでここからは、梶原さんが嫁に課した、常軌を逸する『束縛7ヶ条』をまとめてみました。

第1条『肌の露出禁止』

「他の男に嫁の肌を絶対に見せたくない」という梶原さんは、奥さんに対し「露出の多い服装は禁止」というルールを課しているのだそうです。

その中でも「特に胸元の開いた服は絶対に禁止」なのだそうですが、世の男性の中には「このルールにはちょっと共感できる」という人も多いのではないでしょうか?

しかし梶原さんの異常さは、ここからどんどんエスカレートしていきます。

第2条『母乳禁止』

梶原さんは、なぜか「奥さんが子供に母乳をあげること」を禁止しています。

その理由は、どうやら「他の男に嫁の胸を見られたくない」という個人的な気持ちからきているようですが、母乳は子供にとっての大切な栄養源であり、その後の免疫力にも影響を及ぼす、非常に重要な育児の一環でもあります。

また母乳をあげることによって、母親は「産後太りを軽減する効果」も得られ、さらには「乳がんの予防」になるともいわれています。

そのため、梶原さんの個人的な理由で「母乳を禁止する」という暴挙には、女性視聴者からも多大な批判が寄せられていました。

第3条『化粧禁止』

梶原雄太さんと嫁さんの画像

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

現代では「旦那が寝るまで化粧は落とさない」という女性もいる中、梶原さんは『奥さんの化粧』自体も禁止しています。

この理由も非常に個人的なもので、梶原さんは「化粧をして綺麗になった嫁を他の男に見せたくない」のだとか。

そのため奥さんは、子供の授業参観にもすっぴんで出かけねばならず、かなり不憫な思いをしているのだそうです。

第4条『男性との接触禁止』

「他の男との接触を嫌う」という世の男性はそれほど珍しくはありませんが、梶原さんの場合は少々スケールが違います。

病院に行く際には「男性の医者に触らせたくない」という理由から、女性の医師が診てくれる病院でのみ受診をさせ、美容院も「男性店員のいる店は全てNG」であるのだとか。

さらには相方である西野さんとの接触も絶対に許さず、同窓会への出席も禁止。

極めつけは、不特定多数の人が乗る可能性のある『電車やバスでの移動』まで禁止しているなど、その徹底ぶりは「もはや、何らかの精神疾患を患っているのではないか?」と思ってしまうほどです。

第5条『パソコン禁止』

梶原雄太さんの嫁さんの画像

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

IT社会といわれる現代において、梶原さんは『ツイッター』や『ブログ』といったSNSから“浮気”に発展する可能性を恐れ「嫁にパソコンを一切使わせない」のだそうです。

今のご時世を考えると、さすがにこれは梶原さんの奥さんが不憫でなりません。

ちなみに梶原さん自身は、個人でのツイッターアカウントを持っています。

第6条『外出時・帰宅時は必ず報告』

梶原さんの奥さんは、外出する前に必ず「今から○○へ行ってきます」、そして帰宅時には「今帰りました」というメール報告が義務付けられているそうです。

また梶原さんから強要されているメール数は『1日で20件以上』と、まるで交際したての10代の若者並みの頻度であるのだとか。

相手を心配する気持ちは分かりますが、ここまで要求される奥さんは相当に息苦しいでしょうね。

第7条『GPSで監視』

最後は、もはや犯人を追跡する警察のごとく、梶原さんは携帯電話のGPS機能を利用して、常に奥さんの居場所をチェックしているのだそうです。

また、とある番組で奥さんが取材を受けた際には、GPSの居場所が動かない奥さんの元に、梶原さんからの電話が『わずか2時間の間に5回も』かかってきたといいます。

これは「スタッフの中に男性がいたから」という理由であったそうですが、明らかにやり過ぎです。

スポンサードリンク


そんな梶原さんの行動に世間の人たちは?

梶原雄太さんの画像

出典:http://hiroi24.com/

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
テレビ見てて鳥肌立った…( ̄□ ̄|||)

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
私が嫁なら耐えられない。梶原キモすぎ。

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
キンコン梶原昔から好きだけどこんな束縛する人なの?ただただ迷惑でうざいだけ。奥さんよく耐えられるね

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
梶原束縛すごいんや!最低やん。束縛とか相手の事信じてないだけやん

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
これは笑い話では済みませんよ。メール送れなかったからって長文の反省文を書かせたり、奥さんが反論すると怒って手がつけられなくなる、なんてのは単なる束縛ではなく、立派な「モラルハラスメント」ですよ。

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
梶原、束縛男でめんどいな。胸の開いた服はNG、男性美容師NG、他にもなんだかんだと…。ちっせぇ男だなあ( `ω´⊂彡☆))Д´) パ-ンと思ったけど奥さんも従わなきゃいいのに。

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
キンコンの梶原、束縛って域からかけ離れてるよ。さすがに怖すぎでしょ。全く信用してないの見え見えこわーい。

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
梶原の束縛は、はねトビの時からコイツ怖いなとは思ってた。束縛するのは男でも女でも気持ちが悪い

梶原雄太による嫁への束縛に対するネット上の意見
むしろ、奥さんが離婚しないでいることが驚き

キングコング梶原 嫁・未来子へ課した『7ヶ条』がマジキチすぎる まとめ

ーーーさんの画像

出典:https://www.youtube.com/

今回は「マジキチすぎる」「病的」と批判が殺到した、キングコング梶原さんの嫁に対する異常なまでの束縛ぶりについてまとめてみました。

こうした異常さが明るみとなり、復帰後にも世間から大批判を集めた梶原さんは、ここでようやく自身の常識がおかしいことに気が付いたそうです。

そのため、現在では「男性の医者にかかること」や「パソコンの使用」も許可し、さらには「服装も自由でOK」にしたのだとか。

すると、それまで梶原さんの顔色ばかりをうかがっていた奥さんは、毎日を楽しそうに過ごすようになり、夫婦での会話も増えたのだそうです。

奥さんを愛する気持ちは大切ですが、何より「相手を信用すること」が夫婦円満の一番の秘訣であるのかもしれません。

スポンサードリンク


【話題の記事】

お笑い芸人『昔はイケメンだったのに・・』ランキング トップ10【画像あり】

【覚醒剤】ネットで話題の近日逮捕されそうな芸能人【山田孝之・西田敏行】

フジテレビに続きTBSでも「やらせ番組」を作った制作会社とは?

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ