ジャニーズ事務所は“ブラック企業” 時代遅れの経営方針とは?

 

スポンサードリンク

 

現在のジャニーズ事務所は、SMAPの解散騒動以降「長年会社に尽くしたマネージャーをあっさりクビにする」「SMAPを晒し者にする」といった所業から、世間では『ブラック企業』のイメージが浸透してしまっているようです。

そこで今回は、そんなブラック企業『ジャニーズ事務所』の時代遅れな経営方針をまとめてみました。

ネットメディアでの写真と映像の使用禁止

黒塗りされた不自然なジャニーズタレントの画像

出典:http://worris.tumblr.com/

ジャニーズファンの間では周知の事実であるジャニーズタレントの『ネットメディアでの写真と映像の使用禁止』

Amazonや楽天などでは、ジャニーズ系の雑誌やCD、DVDを検索してもジャケットの画像は表示されず“タイトルのみ”になっていることは有名です。

また、Web上で紹介されている雑誌の表紙では、ジャニーズタレントが写っている部分だけが“不自然に黒塗りされている”など、その対策はジャニーズファンでなければ驚いてしまうほど。

さらにはジャニーズ事務所の公式ホームページでさえも、タレントのプロフィールに顔写真を一切使わないという徹底ぶりです。

インターネットでの情報交換が当たり前となったご時世にあって、こうしたジャニーズ事務所の対策は『時代遅れ』もいいところ。

また、こうしたジャニーズ事務所の対策は、ジャニーズに所属するタレントやジャニーズファンのみならず、番組の共演者や他のタレントにも影響を及ぼしているのです。

【関連記事】

ジャニーズ事務所の闇 NYタイムズなどの海外紙が報じた「SMAPの奴隷契約」

メリー喜多川が「SMAP解散」までに犯した 3つの重大なミス

SMAP解散『キムタク派』と『香取慎吾派』の主張【不仲・確執】

SMAPと男闘呼組の解散が酷似していた?『メリー喜多川の独裁政治』とは

ジャニーズ事務所の時代錯誤ぶりは、メディア関係者も呆れ顔

山下智久さんがいないテラフォーマーズの広告パネルの画像

出典:http://www.fashion-press.net/

それは今月上旬に行われた、実写版映画『テラフォーマーズ』(4月29日公開)のイベントでのこと。

同作品にはジャニーズ事務所の所属タレントである山下智久さんが出演しており、その役所も主要な人物であるため、映画の宣伝用パネルでは前方に大きく写っています。

しかしネットメディアNGの姿勢を貫くジャニーズ事務所は、映画の製作会社に宣伝用パネルを2種類作るよう要請。

こうしてネット媒体を持つマスコミも来場するイベントでは『山下智久さんだけが写っていないパネル』が使用されました。

このジャニーズ事務所の意味不明な徹底ぶりには、さすがのメディア関係者からも「そこまでするか?」といった呆れの声が上がっていたようです。

【関連記事】

ジャニーズ事務所など 今年最も“闇”を感じた 芸能事務所ランキング TOP3

滝沢秀明だけじゃなかった『母子家庭』で育ったジャニーズタレント

ジャニーズ事務所のタレントは、原則個人のブログやTwitterは禁止

ジャニーズ事務所とツイッターのロゴ画像

出典:http://www.city.osaka.lg.jp/h

今や芸能人といえば、アメブロやツイッター、インスタグラムといったSNSを利用してファンとの交流を図るのが当たり前。

しかし80年代の経営スタイルから進歩のないジャニーズ事務所は、所属タレントの個人ブログやツイッターの利用を原則禁止としています。

そんなジャニーズの所属タレントが唯一ブログを開設できる場所が、ジャニーズ事務所が管理する有料ホームページ。

また、ここでの管理も徹底しており、タレントが書いた記事はジャニーズ事務所のスタッフによって全ての内容がチェックされ、私物やペットの写真はOKであるものの、タレント自身が写っている写真は全てNGとなっているようです。

さらには有料のホームページであるにもかかわらず、閲覧者のコメントは一切受け付けていません。

【関連記事】

ジャニーズの離婚と歴代の結婚者まとめ「TOKIO 山口・少年隊 植草など」

共演者のブログにも登場できない

ジャニーズ事務所の画像

出典:http://garakuta.chips.jp/

そんなジャニーズ事務所の時代遅れな対策は、ジャニーズタレント以外の人たちにも迷惑をかけているようです。

驚くのは、2009年に公演された舞台『名探偵ポワロ ブラックコーヒー』の主演である三波豊和さんが、自身のブログに舞台の打ち上げの様子を綴った記事を公開したときのこと。

同舞台には、元・光GENJIの内海光司さんも出演していたのですが、共演者の集合写真には内海さんの姿だけがありません。

実は内海さんは、光GENJIの解散後もジャニーズ事務所に籍を置いているため、この舞台の集合写真でも内海さんだけが一緒に写ることができなかったというのです。

2009年といえば、光GENJIが解散してから14年。このとき内海さんもすでに41歳となっており、正直なところ今の若いジャニーズファンの中には知らない人も多いはず。

今後の活動のためには、むしろ顔を晒したほうが内海さんのためでもあると思うのですが、ジャニーズ事務所の方針は違うようです。

ジャニーズ事務所のタレントは競争に参加してはいけない

二宮和也さんの画像

出典:https://www.youtube.com/

こうした時代の流れとあまりに掛け離れたジャニーズ事務所のおかしな方針は他にもあります。

ジャニーズに所属するタレントは俳優として活動する人も多く、中には演技力の高さから“アカデミー賞”や“ブルーリボン賞”といった栄誉ある賞にノミネートされることも。

ところが過去には、木村拓哉さんがアカデミー賞を辞退、岡田准一さんがブルーリボン賞を辞退しているのです。

これは『所属タレントに優劣をつけさせない』との方針で「賞レースは原則辞退」という、ジャニーズ事務所のおかしなルールが存在するためであるようです。

ただし、タレント個人に“直接”賞を贈呈するものは『競争』とはみなされないため、受け取ることができるとか。

ともあれこのジャニーズの不可解なルールによって、過去ジャニーズのタレントは栄えある賞を辞退させられてきたわけですが、最近は少しずつ緩和する動きも見られているようです。

2015年の『第38回日本アカデミー賞』では、岡田准一さんが主演男優賞と助演男優賞にノミネートされた際、ジャニーズ事務所は「岡田はこれまで弊社最多の20本の映画に出させていただいており、映画に育てていただいた俳優といっても過言ではございません」というコメントを発表し、岡田准一さんの受賞を受け入れました。

また2016年には、二宮和也さんが日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞しています。

これは、ジャニーズ事務所の所属タレントにとって良い変化ではありますが、こうなると過去の辞退が悔やまれるところです。

スポンサードリンク


そんなジャニーズ事務所に、ファンからは・・?

こうしたジャニーズ事務所の異常なまでの肖像権の主張や時代遅れで頭の固い経営スタイルには、ジャニーズファンからも不満と疑問の声が上がっているようです。

ジャニーズ事務所のブラックな経営方針に対するネット上の意見
ジャニーズ事務所は時代遅れ・時代錯誤。驕り、国民を侮っていると本当にジャニーズ帝国が根底から崩れちゃうよ。

ジャニーズ事務所のブラックな経営方針に対するネット上の意見
ジャニーズ事務所さん。グッズもいまだに通販すらできない、カード決済もちろんできない、電卓叩いて計算するって今どきびっくりするよね

ジャニーズ事務所のブラックな経営方針に対するネット上の意見
欲しい商品が直ぐに届くこの世の中、ジャニーズ事務所の時代遅れのやり方が続く訳が無い。残念ながら。

ジャニーズ事務所のブラックな経営方針に対するネット上の意見
何とも不可解な肖像権。売り切りの紙媒体以外の写真画像露出、肖像権の提供が余程嫌なんですね

ジャニーズ事務所のブラックな経営方針に対するネット上の意見
日本アカデミー賞主演男優賞の二宮くん。昨年の岡田くんに続いて連続ジャニーズ事務所。テレビではもちろん映っているが、ネット等の画像には写っているものがない。肖像権の問題なんだろうが、かなり違和感を感じてしまう。海外の映画祭で受賞した場合は・・・?

ジャニーズ事務所のブラックな経営方針に対するネット上の意見
寛大な心の事務所だったら、仁くんも聖も田口くんも辞めなくて良かったんだなって思う。ほんとに悔しいわ。ジャニーズ事務所の考え古いんじゃない?

ジャニーズ事務所のブラックな経営方針に対するネット上の意見
真実はわからないし、本当に個人的な意見ですが。一連の出来事から凄く感じるのは、ジャニーズ事務所って、ほんとーーに古い体質の会社組織なんだなぁということです。

ジャニーズ事務所のブラックな経営方針に対するネット上の意見
そもそもジャニーズ事務所って今の時代いろいろとやり方が古い。グッズだってコンサート以外だと買えないし、ショップはあっても買えるのは写真のみだし、専門店で売ってたとしても買い取りされたグッズだし。

ジャニーズ事務所は“ブラック企業” 時代遅れの経営方針とは? まとめ

ジャニーズ事務所の画像

出典:http://yuki-style.red

今回は、時代遅れの経営方針で“ブラック企業”とも揶揄されるジャニーズ事務所の実態についてまとめてみました。

やはりジャニーズファンであればあるほど、事務所の時代遅れなやり方に不満を抱いているようです。

中でもファン人たちのコメントの中にもあった『グッズがネットで買えない』という時代錯誤ぶりには驚きです。

とはいえ、こうしたジャニーズの事務所の時代遅れな経営方針は、ジャニー喜多川さんとメリー喜多川さんというご老公経営者が引退するまで続くとみられており、ここ数年はジャニーズファンからも「早く引退すればいいのに」といった声が大きくなってきているようです。

スポンサードリンク


【関連記事】

メリー喜多川 ジャニーズ副社長に「嫌い」「老害ババア」「辞めろ」の声

藤島ジュリー景子がジャニーズ事務所の社長になったら消えそうなグループは?

SMAP解散の裏では『ジャニー喜多川社長』が奔走していた

ジャニーズ事務所 “ジャニー喜多川” と “メリー喜多川” の黒歴史

ジャニーズ事務所の派閥はマッチ・V6・生田斗真でも問題になっていた

ジャニーズ「似てる顔」ランキング2016 嵐・V6など【ネットコメント付き】

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ