タメ口アイドル小池美由の「ありがと~う」に隠された 人に嫌われないテクニック

 

スポンサードリンク

 

どんな大物芸能人にもタメ口で話し「第二のローラ」とも呼ばれる小池美由さん。

話の終わりを全て、笑顔で「ありがと~う」と片づけてしまうのも小池さんの特徴の一つです。

芸能界という厳しい縦社会で生き抜くにおいて“タメ口”は御法度のはずなのですが、小池さんのタメ口はなぜか好評です。

そこで今回は、小池さんがタメ口を使っても嫌われない「ありがと~う」に隠されたテクニックについて掘り下げてみたいと思います。

小池美由さんのプロフィール

小池美由さんの画像

出典:http://ameblo.jp/

小池 美由(こいけ みゆ)
生年月日:1994年1月19日生まれ
出身地:神奈川県
血液型:AB型
身長:144cm
体重:非公開
スリーサイズ:非公開(推定Bカップ)
趣味:読書・ゲーム・アニメ・漫画
職業:アイドル
事務所:株式会社カザミアエンターテイメント

小池美由さんは、2012年に『Love Kiss/恋色』という楽曲でソロデビュー。

それ以前はc*loverというグループで活動していましたが、メンバーから仲間に入れてもらえなかった(本人談)らしく、単独での活動を選んだようです。

その後、2014年3月15日にテレビ東京系列にて放送された『ゴッドタン』の「このアイドル知ってんのか!?2014」という企画に出演。

「とにかく苦労してる次世代アイドル」としてスタジオに登場し、大きな反響を呼びました。

趣味は料理、読書、ゲーム、アニメ、漫画といった“少女感”のあるものですが、大学では「栄養学」を専攻してアイドルと学業を両立させるなど、しっかりとした一面も。

そんな小池さんの芸能界での目標は「三代小池(小池栄子、小池徹平、小池美由)に入ること」だそうです。

「ありがと~う」に隠された、人に嫌われない3つのテクニック

小池美由さんの画像

出典:http://hot-fashion.click/

小池美由さんといえば『タメ口』で話すアイドルとして有名ですが、そもそも礼儀を重んじる芸能界で、なぜ先輩方に嫌われなかったのでしょうか?

これには、小池さんがよく口にする「ありがと~う」に秘密が隠されていたんです。

テクニックその1『相互性』

心理学の研究のなかには「相互性」という法則があります。

これは『自分がしたことは、相手もしやすくなる』というもので、“共感”を生みやすくなる効果があるといわれています。

あなたにも経験があるかと思いますが、近所の人から笑顔で「おはようございます」と挨拶されると、あなたも“笑顔で”挨拶を返してしまったことはありませんか?

このとき、もしその相手が目も合わせずに「ボソッ」と挨拶をしてきたのであれば、あなたは無視をするか、同じように「ボソッ」とした暗い対応で返したはずです。

このように人間には「相手の行動を真似る」という習性があるのです。

つまり、小池美由さんからタメ口で話しかけられてイラっときたとしても、目を合わせて笑顔で「ありがと~う」といわれると、ついつい笑顔で返してしまうという訳ですね。

スポンサードリンク


テクニックその2『許し効果』

心理カウンセラーの原裕輝さんによれば、「ありがとう=感謝」には“許し”の成分が含まれているといいます。

いわずもがなですが、感謝をしている人が眉間にシワを寄せて怒っているなんてことはあり得ませんよね。

さらには「感謝の意」を表すと、相手の『怒りのスイッチ』を切ることができるともいいます。

つまり小池さんは「ありがとう」という言葉を発することで、相手の『怒りスイッチ』をオフにしてしまっていたのです。

テクニックその3『幸福度の伝染』

小池美由さんの画像

出典:http://ameblo.jp/

2005年にペンシルバニア大学で行われた研究によると、幸福感に最も大きな影響を与えるものの一つは、「どれだけ感謝を示めせるか」であったそうです。

またこの研究チームによると、1日に3回以上「ありがとう」を口に出して人に伝えることで、幸福度を上げることが可能であるといいます。

小池美由さんの場合、一日どころか数時間のうちに何度も「ありがとう」という言葉を口にしていますよね。

これによって小池さんの幸福度が増し、そんな小池さんからの笑顔での「ありがとう」が伝染していくことで、視聴者からも好感が得られているのではないかと思われます。

小池美由さんが嫌われない理由 まとめ

小池美由さんの画像

出典:http://tokyo-torisetsu.com/

今回は、小池美由さんがタメ口を使っても嫌われない理由を、心理学の観点から掘り下げてみました。

もし小池さん自身がこれを知ったうえで「ありがと~う」を決め台詞にしていたのなら、ものすごい策士ですよね。

タメ口で話題を作ったうえに、嫌われない方法を用意しておくなんて。

ただ、小池さんの場合は「とにかく苦労してる次世代アイドル」ですから、自分に光を当ててくれた全ての人に心から感謝しているだけかもしれません。

これからも、お世話になる先輩方への感謝の気持ちを忘れずに、芸能界で長生きしていって欲しいですね。

スポンサードリンク


最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ