【劣化知らずな芸能人?】平子里沙 篠原涼子などをまとめてみた【画像】

 

スポンサードリンク

 

芸能界の七不思議として、まことしやかに囁かれているのが『歳をとらない女性芸能人』

一方では『劣化』や『整形』といった噂もありますが、キレイであるからこそ注目を集めているともいえます。

そこで今回は、そんな『劣化知らずな女性芸能人』をまとめてみました。

平子里沙さん

平子里沙さんの画像

出典:http://woman.excite.co.jp

今月21日に、俳優の吉田栄作さんと離婚をしたことが話題となっている、モデルの平子里沙さん。

そんな平子さんは、なんとこのビジュアルで44歳です!

生まれ年が1971年なので、もうすぐ45歳・・・ちょっと信じられませんね(2015年12月現在)

平子里沙さんは、モデル以外にもタレント活動やファッションブランドのプロデュースをしており『アラフォーの星』と称されることもあります。

またハリウッド映画に影響を受け、15歳のときには渡米。

このとき通っていた現地の高校では、3年連続でベストドレッサー賞を獲得するなど、すでにモデルとしてのセンスや才能を発揮していたようです。

それもそのはず、実は平子さんのお父さんは、かつてイギリスの高級紳士服を仕立てる『ストックアンドゼノック』という会社の取締役だったのです。

また、お母さんは日本にネイルアートを広めた第一人者といわれる、ネイリストの平子禧代子(ひらこきよこ)さん。

今でこそ、お父さんの会社は倒産してしまいましたが、平子里沙さんは元々ファッション界のサラブレッドだったんですね。

【関連記事】

顔が劣化、整形失敗と散々な酷評を受ける『平子理沙』の手作り化粧水【画像&レシピあり】

篠原涼子さん

篠原涼子さんの画像

出典:http://www.officiallyjd.com/

続いての劣化知らずな女性芸能人は、女優の篠原涼子さん。

そんな篠原さんは、1973年生まれの42歳です。

2005年12月には、俳優の市村正親(いちむら まさちか)さんと25歳の年の差を越えて結婚したことが大きな話題となりましたが、篠原涼子さんの美魔女ぶりはすでに30代のころから開花していました。

2005年に放送されたドラマ『anego』では、10歳下の新入社員(赤西仁さん)と恋に落ちる32歳の独身OLを熱演し、大反響を呼びました。

また、このドラマでの役がハマってか、以後、篠原涼子さんは「頼りになる先輩」「綺麗なお姉さん」「実は純粋な女の子」といった年の差があるからこその魅力を活かした役柄に抜擢されることが多くなりました。

2013年にも、ドラマ『ラスト・シンデレラ』で、25歳下の男の子(三浦春馬さん)と結ばれる美容師役を演じています。

このドラマでも、39歳とは思えない美しいスタイルを披露して、多方面からの注目を集めました。

また今年の12月に最終回を終えたドラマ『オトナ女子』では、作中で篠原さんが着用している洋服やアクセサリーなど「ファッションがカッコイイ!」と、真似をする女性が急増。

今では、アラフォー・アラフィフ世代女性のファンションリーダー的な存在にもなっているようです。

【関連記事】

「知ってた?」アンフェアの篠原涼子には2人の子供がいる【写真は非公開】

水谷雅子さん

水谷雅子さんの画像

出典:http://www.mizutanimasako.com/

お次は、水谷雅子(みずたに まさこ)さん。

水谷さんは、1968年生まれの47歳。太田プロダクションに所属するタレント・モデルさんです。

そんな水谷雅子さんが『美魔女』として世に知られるきっかけとなったのは、37歳のとき、当時通っていた美容院からローカル雑誌のヘアモデルの依頼を受けたことにはじまります。

このときの雑誌を見た『美STORY』のライターさんから熱いオファーがかかり、40歳を目前に控えた年齢ながら、プロとしてのモデルデビューを果たしたのでした。

水谷さんは、見た目こそ「20代」といっても通りそうですが、実際は47歳の主婦ということもあり、2人のお子さんがいるようです。

下記は20歳になる娘さんたちと一緒に撮った写真だそうですが、姉妹といっても十分に通用しそうです。

娘さんは学校の授業参観のときなど、お母さんがキレイで誇らしかったでしょうね。

水谷雅子さんの画像

出典:http://img01.ti-da.net/

中川祐子さん

中川祐子さんの画像

出典:http://matome.naver.jp/

次は、気象予報士でフリーアナウンサーの中川裕子(なかがわ ゆうこ)さん。

中川さんは、どこからどう見ても20代にしか見えませんが、なんと1972年生まれの43歳です。

またこの美貌もさることながら、英検準一級の資格を持ち、中学校と高等学校の英語教員免許を取得している才女でもあります。

天は二物を与えるんですね(悲)

そんな中川裕子さんは、最初からアナウンサー志望だったわけではなく、大学卒業後には一般の総合商社にOLとして入社。

得意の英語を活かして、社内の外国人に日本語を教える業務を任されていたそうです。

それが今や『奇跡の43歳』とうたわれる人気アナウンサーとなり、40代にして初のグラビアに挑戦するという快挙も成し遂げました。

またファンからは「ぜひDVDも出して欲しい」との要望が集まり、2015年1月23日には、DVD『あした天気になあれ』が出版されました。

スポンサードリンク


林志玲さん

林志玲さんの画像

出典:http://j.people.com.cn/p>

林志玲(リン チーリン)さんは1974年生まれの41歳。台湾のモデル・女優さんです。

地元台湾では、2003年ごろから『第一美女(ナンバーワン美人)』と呼ばれ人気が急上昇。

その後、映画や舞台、テレビドラマと幅広く活躍するようになりました。

また、日本でも大ヒットした映画『レッドクリフ』では、周瑜の妻で「天下一の美人」と称された小喬を演じています。

ちなみに日本の事務所、エイベックス・マネジメントにも所属している女優さんでもあります。

原志保さん

林志玲さんの画像

出典:http://matome.naver.jp/

原志保(はら しほ)さんは、1970年生まれの45歳。

元・秋田放送のアナウンサーで、退社後にはフリーアナウンサーへと転向。

現在は、モデルと加圧トレーニングのインストラクターをしています。

驚くべきは、原志保さんの完璧なスタイル。

45歳の2児の母でありながら、身長169cmで体重は47kg。

スリーサイズも、バスト81cm、ウエスト59cm、ヒップ88cmと、なんと、モデルを始めた15年前とほぼ変わらないそうです。

秋田美人+劣化知らず+スタイル抜群とは、ほとんど無敵ですね。

スポンサードリンク


劣化知らずな女性芸能人 まとめ

今回は40代になっても「劣化」しない...というよりも『40代になって益々きれいになった女性芸能人』たちをご紹介させて頂きました。

世間では、こうした劣化知らずな美魔女たちに対して「整形だ」「高いエステに通っているからだ」「高級な化粧品を使っているからだ」という妬みに近い批判の声も多数聞かれます。

ですが、それさえも彼女たちの高いプロ意識からくる『努力のたまもの』といえるのではないでしょうか?

きれいであり続けるために、お金を稼いでエステに通い、日々の食事にも気をつける。

私には到底真似できません。ハンバーガーも焼肉も大好きだし、運動は大嫌いです。

そのため、いくつになっても美意識を高く持っている女性たちには、本当に頭が下がる思いです。

それでも、今回ご紹介した女性芸能人たちが、50代になった姿を見るのはちょっと楽しみでもあります。

【関連記事】

顔が劣化、整形失敗と散々な酷評を受ける『平子理沙』の手作り化粧水【画像&レシピあり】

「知ってた?」アンフェアの篠原涼子には2人の子供がいる【写真は非公開】

福田麻由子プロフィール 子役~大学生になった現在までの劣化遍歴【画像あり】

[加賀美セイラ] 激太りの劣化画像と山下智久、三浦春馬を彼氏にできた理由

最新の芸能ニュースはこちら(トップへ)


話題の芸能ニュースはこちら(一覧)

サブコンテンツ